「急にふさぎ込んだかと思ったら、いきなり無差別殺人を起こして、最後は自殺してしまう・・」
これは、東南アジアの一部の地域にだけ発症する「アモック」という精神障害なんだそうです。

sponsored link

東南アジアにだけ発症する精神障害「アモック」

一定の地域にだけ発症する病気を風土病と言うのですが、それの精神障害バージョンというのもあります。
文化依存症候群と言うみたいなのですが、有名なもので、韓国の火病(ファビョン)なんかがそれです。
(wikipediaによると、日本の場合は「対人恐怖症」が文化依存症候群らしい)

で、マレー半島やインドネシアにだけ存在するのが「アモック」というもので・・って、そもそも何でこんなマニアックな事を書いているかと言うと・・

マレーシアのキャメロンハイランドに滞在中に、毎日ヒマでヒマで仕方なかったので、私は日本語の本が置いてある図書館に通ってました。
その中にあったマレーシアの本(マレーシア (暮らしがわかるアジア読本))を読んでいて、アモックと言う言葉を知りました。

その土地でしか発症しない精神疾患・・??

それが、何だかやたらと興味をそそられてしまったので、ネットでもアモックについて検索してみたりしたんだけど、あんまり情報ないんですね。
アモックは主にマレーシア・インドネシア・フィリピンなどで発症した記録があるみたいで、男性に多いとか、ショックな出来事があった後に起こるとかの共通点はあるみたいですが・・詳しい事は良く分かりません。

なので、アモックに関する事が書かれた本とか無いかなぁ〜と思って探して出て来たのが「蛍の航跡―軍医たちの黙示録(帚木蓬生)」です。

イスラムの断食との関係!?

この本は軍医の回顧録ということで、アモックの話以外もかなり読み応えのある内容でした。
どの話もリアルなんだけど、中でも「巡回慰安所」の、たっった5人の女性で対応していたという所には驚いた・・。
でも、読んでおいて良かったと思える本。

で、アモックについての話なんだけど、この本では回教の断食開けには毎年数件アモックが発生すると書かれていました。

ひと月に及ぶ断食で脳細胞が栄養失調をきたし、それに基づいて錯覚と幻覚が生じる物で〜「蛍の航跡―軍医たちの黙示録」より

そして、通常のアモックとは別に、回教徒のアモックをアモック・トンク(回教徒のアモック)と呼んだと書かれている。
アモック・トンクというのは・・

回教徒では、異教徒との戦争で戦死した際、戦死者は回教上の支社の儀礼なくして天国に生まれかわることができ、七名の美女をはべらせて暮らせる思想があるという。「蛍の航跡―軍医たちの黙示録」より

生きる希望を失った(特にアチェ人)人は、異教徒(オランダ人が多い)を殺害して天国に昇ろうとすることがあるらしく、これをアモック・トンクと呼ぶみたいです。

この本は、作者の実際の体験談では無いにしても、実際にあったことを元に書かれているはずなので、こんな事が実際にあったのか〜・・と思うと、凄い読み応え。
私の知りたかった「アモック」とは、ちょっと違う点もあったけど、かなり興味深い内容でした。

sponsored link