私は極度の「荷物計量化バカ」なので、たった1冊のガイドブックで500gも重くなるなんてありえない!と思いあまり持ち歩かない方でした。
ガイドブックの必要なページだけどコピーして持ち歩いたりするくらい、ガイドブックは荷物になるから嫌いだったんです。
でも、最近はたかが500g程度と思えるようになってきたので、地球の歩き方を持ち歩く様になりました。
なんでかな?肩に座布団がついたからかな。

sponsored link

地球の歩き方=地球の迷い方?

私はガイドブックなら絶対に「地球の歩き方」を買う様にしていますが、一緒にインドにも行った友人(ボヤッキー)は「地球の迷い方」と読んでいます。
(でも、彼も地球の歩き方を愛用している)

確かに、地球の歩き方に載っていたバスの時刻表情報が間違っていてフィリピンの山奥から帰れなくなりそうになったりとかしたこともあります。
最新版の情報なのに、なぜか西洋人の言っている情報(ロンプラがネタ元)と全然違くて、やっぱり地球の歩き方が間違えていた・・ということもあります。

でも、なぜか買ってしまうのはロンプラではなく地球の歩き方なんですよね〜。

そもそも現地の状況って、凄い早さで変わっていくし、ガイドブックを信じきってしまうと現地であたふたしてしまうことがあるんです。
フィリピンの時は、完全にそうでした。
地球の歩き方情報だけで終わりにせずに、地球の歩き方に載っている事は本当なのかを現地で確認すれば良かったんです。
これは多分、他のガイドブックも同じです。
ロンプラ愛用者も「けっこう間違いはある」って言ってるし。

地球の歩き方のメリットとデメリット

地球の歩き方ネパール

地球の歩き方は日本で作られている、日本人旅行者向けのガイドブックなので、日本人の好みを良く分かっています。
日本人の好みそうな店や宿や観光地がバッチリ載っています。

しかし、これがデメリットと感じる人もいる様です。

「地球の歩き方を見て行く場所には日本人だらけだからイヤだ」らしいです。
確かに、地球の歩き方に載っている宿のドミトリーに行ったら、日本人しかいなかったというのは、かなりの確立であります。
それをメリットと取るかデメリットと取るかは、その人次第ですが・・

あとは、バリ島旅行で持っていた「ララチッタ」とかの可愛らしいガイドブックに比べると、地球の歩き方は分厚くて重いです。
インドとかになると、ページ数が多いから、ホント重い・・

でも、可愛らしいガイドブックに比べると実用性は凄く高いです。

▼地球の歩き方(左)とララチッタ(右)の同じ場所の地図

こんなに情報量が違う。バリ島旅行記より

軽くて可愛らしいガイドブックはイメージ本だと思って、旅行前の期待を膨らませる様に読むのがおすすめです。
で、実際に持って行くのはやっぱり実用性の高いガイドブックが良いと思います。

sponsored link