17日目:最悪の空港…さよならバリ島

バリ島の空港
出来たばっかりの空港2階部分・・いや、まだ出来ていない!

ウブドから空港までのバスが微妙に早い時間しか無かったが、空港でマッサージでもして時間を潰せばいいかと思ったので、飛行機の出発の5時間前くらいに到着した。
ところが、これが大失敗だった。

haikyo2

バリ島のデンパサール空港は新しくなったばかりらしいのだが…新しすぎて、まだ何もない。
というか、まだ未完成でしょ。

バリの空港は廃墟風な作り

2階のショップが入る予定のフロアは廃墟の様になっている。
3階の出発するフロアもお土産やが一個だけオープンしているが、他はまだ未完成。

なんなんじゃ、こりゃーーーー
ちゃんと完成してから一般公開しましょうよ(T ^ T)

とりあえず、1階のにかろうじて一件だけ存在しているレストランに入った。

多少高くても最後だしインドネシア料理を食べるぞっ

nasiremak

しかし、そのレストランはマレーシア料理を出す店だった…orz
これからマレーシアに戻るっていうのに何でやねん!と関東出身の私は関西弁で叫んだ(心の中で)。
仕方なくナシレマとテタレッという王道マレー料理を注文して食べた。
そして、出発の時間までは3階の地べたに座ってブツブツ独り言を言いながら待った。

出発ロビー
出発ロビーにはイスさえも無かったので皆さん地べたに座って待ってる。

sponsored link

出国税なんて知らなかった

待っている間に、この酷い状態のデンパサール空港についてネットで調べていたら、インドネシアには出国税というものが存在することを知る。

まじで?入国の時もビザ代取られたのに出国の時も金とんの?!

またも心の中で大絶叫した。
しかし困った。
実はルピアはほとんど使い切っていた。
出国税はRp.150,000でドルでも払えるらしいが極端にレートが悪くなるらしい。

しぶしぶ1階のATMコーナーへ行き、きっちりRp.150,000を引き出した。
「金とりすぎでしょ!ふざんけんな」とかブツブツ言いながら、時間になったので出国の手続きをして前に進む。
そして、出国税を払うカウンターで恐ろしい貼り紙が目に入った。

【出国税Rp.200,000】

うおぉおおおお!!!!Rp.50,000足りなーーーーい!!!

私が見ていたサイトの情報は古かった様で、出国税はRp.200,000に値上がりしていた。
もう、仕方がないので、ドルと混ぜて支払った。
そして、やはり結構多めに取られた。
だいたい出国税って何なんだ!

と、まあ、何だかんだで余計なお金のかかったバリ島。
物価も聞いていたよりも安く無かったバリ島。
(タイで知り合ったアジア旅行をしている欧米人のおっさんもバリ島は高かったって言ってた)
ボッタクリも酷かったけど、なぜか嫌いになれない島だった。
それだけ魅力も多かったということかな。

最後に・・

もう一度バリ島に行きたいか?と聞かれたら…

偽ドラえもんバリ島にて

う〜ん・・

バリ島は人によっては天国の様な場所だと思います。
だから、バリ島が大好きな人の中には、私のバリ島行記を読んで「バリは良い所だ!犬も悪く無い!あんたが悪い」と言って来る方もいました。
何個かの旅行記を書いていますが、こういった感想をもらったのはバリ島だけです。

これはきっと、バリ島にハマる人は本当にハマるからなんだろうな・・と。

またそれとは逆に、「自分の時はもっと最悪だったよ〜・・」ともっと酷い体験談を教えてくれる方もいます。
とにかくバリに恨みを持っている感じの・・

なぜか、両極端なんですよね。

ネガティブなコメントをして来た方の負のパワーが怖かったのでコメント欄は閉じちゃいましたが、わざわざ読んでくれてコメントまでしてくれたなんて、良く考えたら、ありがたいですね。あざした。
あと、バリでとんでもない詐欺にあった方のコメントも・・ありがとうございました。
一度イヤな目に遭うと、旅行に行く事が怖くなっちゃいますよね・・でも、自分と相性の良い場所は必ずあると思うので、パックのツアーや国内旅行でも機会があったら検討してみて下さい^^

で、お察しの通り、私はバリ島との相性が悪いので、バリ島に行くのならお隣のマレーシアやらタイあたりに行きたいです。私の場合はです。

バリ島旅行最終日の支出

宿代(4泊分) Rp600.000
アイスティ Rp10.000
空港で最後の食事(ナシレマッ、テタレッ) Rp82.995
出国税 Rp200.000

Total Rp892.995(約7,948円)

※2014年3月のレート Rp.1=0.0089円で計算

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ