4日目:携帯sim購入とスコール

ジャムウ

朝は1杯の青汁ジャムウから。
う〜ん、不味い。
(関連記事:インドネシアの漢方薬?!ジャムウ

sponsored link

バリ島で携帯のsimを購入

友達のエケ子から「simカード安いよ、買ったらどお」的なメールが届いていたので、ちょっと携帯屋を見に行く。
(ちなみにエケ子は点滴で回復してきたため入院はしておらず、私は週末に訪ねることにしていた。)

simカードはコンビニ等でも買えるらしいが、通話料がパックになっていて高いものしかなさそうなので(と言ってもRp.50,000程度)携帯屋を探す事にした。
私はフィリピンで買ったサムソンのsimフリー携帯を持っているので、simカードさえ購入すれば、だいたいどこの国でもローカルの番号をゲットできる。
日本の携帯の場合は、ほとんど無理なのでsimフリーの携帯を買うか、日本の携帯をローミングするかして使うしか無い。

バリ島でsimカード購入

Raya Peliatanという通りの方まで歩くと携帯屋が数件ならんでいた。
空いている一件に入ってsimカードを購入したいというと、すんなり購入できた。
設定等はすべて店員がやってくれて値段はRp.15,000(約134円)でその中にRp.3,000分の通話料が含まれてる。
ネットで調べたら「購入にはパスポートや宿泊先のホテルの住所等が必要・・」と書かれてあったのに、なんにも必要なかった。

突然のスコールで食堂に雨宿り

帰り道に突然大雨が降ってきたので、ちょうど近くにあったローカルの食堂に入った。
そこは外国人が1人もいない、本当にローカルの食堂だった。
自分で好きな物を選んでご飯と一緒に皿に盛って食べるやつ・・
マレーシアではそれをナシチャンプルと呼んでいたので、同じかと思って「ナシチャンプル?」
と指さして聞いてみたら「イヤ、うちはナシチャンプルは無い。ここからチキンか魚を選んで。」と言われた。
これは何と言う食べ物になるのか・・地球の歩き方見たいな。

バリ島のローカル食堂
MASAKAN PADANGというらしい

食べている間も雨はザーザー降り続け、なかなか止まなそうだったので、しばらく待機していた。

その時ちょうどエケ子から電話がかかって来て、今日の夜に友達とウブドに遊びに行くから会おうと言う事になった。
体調は60%くらい回復したと言っていたが、ちょっと声に元気がなかった。

雨が止んで、食堂を出て、帰り道にペディキュア&フットマッサージをして帰る。
食堂のご飯とスプライトでRp.21,000とマッサージはRp.40,000な〜り〜。

バリ島で日本のカレーを食べる

体調60%回復のエケ子と、その友達がボロいトラックに乗ってウブドに来た。
日本のカレー屋に行きたいというので、私は荷台に乗って一緒にカレー屋まで行く事にした。

日本カレー

1人だったら、絶対にこのタイミングで日本食は食べないが、まぁ、友達と一緒のご飯は久々だし、カレーも普通に食べられる味だったので良かった。
何よりも、人とビールを飲めるのが嬉しかった。
ビンタンビールは美味しいんだか不味いんだかわからないけど、ビールの味だった。
私は「凄く美味しい!」とか「不味い〜」とか、そういった味覚がイマイチわからない可哀想な舌なのだ。
とにかくビールが飲めて嬉しかった。

その後「アンカサ」というカレー屋と同系列(?)のカフェに行き、ウブドラジオの収録を見に行く。
何の事だか私にはさっぱりわからないが、エケ子の友達はこれを見にウブドに来たらしい。
日本人でバンドをやってる人達って言ったかな?その人達がゲストでラジオ収録(ユーストリーム)をやっていた。ぽい。

アラック

そこで私は初めてバリ島の地酒「アラック」を飲んだ。
ノーマルタイプは結構飲みやすくて、最初は泡盛みたいな味かな?と思ったら後から竹炭のような香りが口に広がった。
少しランクの高いアラックは、私には少しキツく・・後味が剣道部のような・・つまり発酵したような、そんな感じの味だった。

夜11時くらいに、どう見ても酔っぱらっているエケ子の友達がトラックを運転して、2人は帰って行った。

yajirusiバリ島旅行記5日目へ進む

バリ島旅行4日目の支出

バスチケット Rp40.000
昼食 Rp21.000
スパ(ペディキュア&Footマッサージ) Rp40.000
夕食(カレー、サラダ、ビール) Rp70.000
カフェ(アラック、スムージー) Rp62.000

Total Rp233.000(約2,074円)

※2014年3月のレート Rp.1=0.0089円で計算

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ