これは前日の写真

ニュピが始まった。

前日に買い込んでおいた食料を食べながら、こっそりネットを見て過ごすニュピ。

sponsored link

引きこもりの私を甘やかしてくれるお父さん

ニュピ中は、宿のお父さんがわざわざ部屋まで、食べ物を運んでくれた。

「基本は、安宿の食事は朝食だけだし、ニュピ中はそれも無くなるのが普通だ」と聞いていた。
しかし、私の泊まった宿では、気を使って3食しっかりと食事を出してくれた。

▼食べきれないよ、お父さん。

私は一日中、部屋でネットを見ながらゴロゴロするだけで、食事の時間になると、お父さんがご飯を運んで来てくれる。
という、まるで、引きこもりの娘&世話する父みたいになっていた。ありがたい。

▼ニュピ当日の夜。わりと灯りがついている家がある。

ニュピは聞いていたほど厳格なものではなく、夜になっても電気を付けている家はいくつかあった。
さすがにバイクや車の音は聞こえないが、子供達は庭ではしゃぎまわっているし、人の話す声はわりと聞こえてきた。

夜は一応灯りを付けづに過ごしたが、ネットを見るくらいしかしていなかったので、特に不便は無かった。

一応ニュピだし、瞑想でもするか

と、思い寝っころがって瞑想を始めたら朝になっていた。
それにしても、食べきれなかった食料はどうすればいいんだ。

バリ島旅行記15日目へ進む

バリ島旅行14日目の支出

ニュピのため支出無し。

Total Rp0(約0円)

sponsored link