バトゥケイブ(バトゥ洞窟)はヒンズー教の聖地です。
KL中心部からはちょっと離れているので、電車に乗ってバトゥーケイブ駅まで行きました。
マレーシアの電車はゆっくりなので、気長に行きましょう。

sponsored link

フレンドだらけ

バトゥケイブに行った日は、ちょうどお祭りの日だったので、フレンド(インド人)だらけ!!
ここはインドか!!ってくらいのフレンド達でした。

お祭りの日…とは言っても、実は本番は前日に終わっていたんです。
なのに、もの凄い人の数だった。(いや〜当日じゃなくて良かった。)
あ、祭りは「タイプーサム」というもので、体中に針を通したりする・・奇祭とか言われているやつです。

▼床屋があったり

▼インドの服が売っていたり

▼インドのお菓子かな?

本堂みたいな所に入る時は、履物を脱がなくてはならないんだけど…

▼この数

ここで、脱いだら自分の靴が行方不明になりそうだったので、ビニール袋に入れてカバンに入れた。
それにしても、どんだけ人がいるんだ!!

▼この時のバトゥケイブの様子を、スマホで動画とって見ました

何を撮りたいんだかわからない動画だけど、バトゥーケイブの雰囲気が少しでも伝わるかもしれないので、一応載せておきます。

そういえば、知り合いはこのお祭りで、iPhoneをすられたらしいので、人ごみを歩くときは要注意です。

階段を上がるとメインの洞窟がある

バトゥケイブの長〜〜〜い階段を上っていくと洞窟(ケイブ)がある。
炎天下の中でこの階段はキツかった〜。
思わず階段を登った所でミネラルウォーターを購入したんだけど、その店はずいぶん儲かっていたようだった。


洞窟の中はヒンヤリとして涼しい。でも、ちょっと臭かったかな。

洞窟内には猿がたくさんいて可愛かったんだけど、襲いかかってくることもあるから猿には注意って言われましたた。
引っ掻かれて菌に感染したりする事もあるので、気をつけよう。
でも、猿はヒンズー教では神の使いなので、神聖な生き物でもあるのです。

▼ヒンズーの神様達

洞窟の中にはヒンズーの神様たちが飾られて(奉られて?)いる。

バトゥーケイブは、拝観料とかが無いので、無料で楽しめる観光地です。
ただ、お祭りの時期だったため、帰りの電車に乗るまでが大変だった。
駅は切符を買う人であふれていて、バトゥケイブの階段くらい長〜い行列ができていた。
タクシーもひろえそうになかったので、頑張って行列に並んで、電車に乗るまでに1時間は余裕でかかりました。

sponsored link