韓国の街並み

今では気楽な1人旅が大好きなのですが、昔はありませんでした。
私が初めて1人で海外に行ったのは、2002年の日韓ワールドカップ真っ最中の韓国でした。(だいぶ前っすね・・)
英語はもちろん、ハングルも「アニョハセヨ」と「カムサハムニダ」しか知らない程度でした・・。

あと、韓国語ではお金の事を「トン」というけど、日本語の発音で「トン」と言うと、向こうでは「うんこ」と聞こえてしまうので要注意という、変な雑学だけは知っている状態でした(笑)
私はこんな状態で、いきなり現地の10週間の韓国語習得コースみたいのに行ったんです。
だから、正確には「初めての1人旅」じゃなくて、単なる短期の語学留学なんですが・・

sponsored link

まだ韓流という言葉すら無かった当時の韓国

韓国のなんとか門

とにかく当時の私は外国に興味があって、でも英語は高いし難しそう・・(当時はフィリピン留学なんて多分無かった)
行ける事ならチベットに滞在してみたいなぁ〜とか、チベットなんて行った事も無いのにボンヤリと思っていました。

で、本気でどっかの国に行ってみよう!!と思い立ち、色々と調べた結果・・「韓国語は日本人にとって1番簡単」「隣の国なので飛行機が安い」「ちょっと調べたら語学学校が安かった」「ビザが簡単にとれる」という点から韓国に行く事にしたんです。
今では韓国に行くのにビザなんて必要ないけど、当時は確かビザが必要で、でも短期(3ヶ月)なら超かんたんに取れる感じだったんです。
(最初に考えていたチベットは、その辺が難しすぎて断念した)

韓国へは2泊3日のパック旅行で行った事がある程度だったんだけど、韓国料理が美味しかったので良いイメージがありました。
ただ当時は、まだヨン様も流行る前で、ちょっと怖いイメージもありました。
ハングル文字と言うと、韓国よりも北朝鮮のイメージが強かったので・・
(ハングルと聞くと、ミサイルやら漂流してきた木製の船のニュースを思い浮かべる感じでした)

でも、まあ、行ってみるとそれどころじゃなかったんですね〜・・
初めての海外でドキドキしているヒマもないくらい、韓国は凄い騒ぎだったんです。
日韓のワールドカップ真っ最中だったので!!

日本でもそこそこ盛り上がっていたけど、まさか、あんなに盛り上がっているとは・・!!
韓国の空港に着いて、どうにかして街へ出る高速バスに乗ったのですが、その車内での緊張感は今でも覚えています。
なんと、バスの中のモニターでサッカーの試合中継を流していて、乗客はもちろん運転手もガン見してるんです!!
凄いスピードで高速を走りながら、画面に釘付けの運転手!!
で、試合が盛り上がると運転手も叫び出して「おおーーーー!!」とか叫びながら、クラクションを「ブブッブブッブッ」とか鳴らすんです・・
それに続いて乗客は「テーハンミングッ(大韓民国)!!」とか叫ぶ状況。

ヤバい国に来た・・

もう、怖くて怖くて本気で泣きそうでした。
すぐにでも日本に引き返したかったけど、バスに乗ってしまったので後戻りは出来ません。

とにかく、事故だけは起こさないで〜!!てゆうか、運転手はちゃんと前を見て運転して〜〜(泣)

尋常じゃない量の脇汗をかきながら、どうにか目的地に到着した私ですが・・いや、到着っていうか、通り越しちゃったんですけどね。
ハングルなんて分かんないから、2駅くらい行き過ぎていて、そろそろ降りなきゃまずいんじゃないか??と思って、運転手にボディランゲージとメモ書きを見せてジタバタしてたら、停留所じゃない所で降ろされました。
降りた所もどこなのか分からないし、街はサッカーの試合の直後で赤いTシャツを来た人だらけで大混乱してたんです。
どうやら韓国が試合に勝ったみたいで、真っ赤な人達が大はしゃぎしていて・・生まれて初めて見る光景でした。

そんな中を、人に道を聞きながら歩くのですが、2駅くらい行き過ぎてるから、みんな「サブウェイに乗れ」みたいな事を言ってくるんですよ・・
でも、当時の私は地下鉄乗る勇気なんてなかったんですよね。
とにかく、目的の駅に行けば、下宿の人が迎えに来てくれるはずなので、重い荷物を引きづりながら、ひたすら歩いて辿り着きました。

そんな、とんでも無い状況でしたが、見知らぬ韓国人達が何度も声をかけて来てくれて助かりました。
重い荷物を引きずって不安そうに歩いている外国人を見ていられなかったんでしょうね。
電話をかけるのも、ほとんど見知らぬ韓国人がやってくれて、不安と緊張と感動とで泣きながら下宿の人と落ち合いました。

もちろん、その間中も、まわりはず〜〜〜っと凄い騒いでるんですよ。
赤い団体が、大声で歌ったり叫んだりしてる・・異常な光景でした。

あの緊張感は、初めてインドに行った時以上だったなぁって思います。
比べ物にならないくらいの緊張状態でした。

かかった費用

韓国のどっかの観光地

バイトしてて溜めたお金50万円を使って、韓国へ3ヶ月間行きました。
内訳はきちんとは覚えていませんが、往復の航空券で5万円くらい、下宿費用が3ヶ月で12万くらい、学費が10週間で10万くらい、手続きや保険料で10万くらい、そしておこずかいなど。
50万で3ヶ月なら、だいぶ余裕があるかな〜と思っていたけど、ピッタリぐらいでした。

家賃や学費も含めて物価は当時の方が断然安いですが、今の方が安い物もあります。
今はLCCがあるので、まず飛行機代は半分以下だと思います。
手続きも、当時は業者に頼んだのでお金がかかったけど、自分でやれば0円です。
そして、海外保険も必要最低限なものだけにすれば、かなり安くなると思います。

こうして、1人で韓国に行った事をキッカケに、金をちょこっと貯めては旅行に使って・・を、繰り替えす1人旅バカに仕上がりました。

sponsored link