ゲンティンハイランドはクアラルンプールからバスで約1時間ちょい。
値段もRM10程度で行ける場所にある。
たまたまカジノに行くという日本人がいたので、一緒に行ってみることにした。

sponsored link

ゲンティンハイランドへの道のり

実はゲンティンハイランド行きのバスが谷底に落ちるという事故があったばかりだったので、ちょっと怖かった。
でも、実際はそんなにスピードは出していなかったし、山道も思ったよりも緩やかで安心した。

バスを降りるとロープウェイ乗り場からロープウェーに乗ってゲンティンハイランドまで行く。
(ロープウェイの料金はバス代金に含まれている)

このロープウェイが相当に高い所を行くので超怖かった。

そして、KLから1時間で行ける高原…ゲンティンハイランドに到着。
寒い寒い!!
ゲンティンハイランドは、思ったよりも冷え冷えで寒かった。

地球の歩き方によると、ゲンティンハイランドの標高は約1800メートル高い位置にあり、太陽が出ていても寒いと感じる。
例えるなら、冬になる直前の秋の晴れた日って感じ。
Tシャツにスカーフとパーカーを着ていったんだけど、かなり寒かったので、早く建物の中に入りたかった。
あんまり寒かったので、とりあえずスタバで暖かい飲み物を飲みながら作戦会議。
作戦も何も、お金のない私はちょっと見学だけのつもりなんだけどね…。

ちなみにキャメロンハイランドの標高は約1500メートルで、非常に快適な気候。

真っ昼間から夜の雰囲気


なんと不気味な建物…

この不気味な色のホテルがゲンティンハイランドっぽいな〜。
何個かある大きなホテルの地下にカジノがあって、なんとすべて道が地下で繋がっている。
つまりどこのホテルにいってもカジノ。カジノ。カジノ。


このホテル下もカジノに繋がっている

カジノ内は撮影禁止なので、カジノの写真などはありません。

そして、ゲンティンハイランドにはマレーシア人はほぼいない。
ほとんどがチャイニーズだ。
思ったよりも家族連れが多くて、室内の遊園地みたいな所は賑わっている。

▼ゲンティンハイランドの屋内遊園地

外は快晴なのに、ゲンティンハイランドの地下世界は夜の様だ…

カジノ自体は…詳しくは分からないんだけど、しょぼい??
韓国でウォーカーヒルのカジノに行ったくらいしかないので、そことしか比べ様が無いんだけど。

私は、試しにスロットのマシンに座って、ちょっとだけ遊んでみようかなという感覚で試してみる事にした。
すると、俊速でRM50札が消えた。
遊びのつもりだったのに、RM50札があっという間に無くなっても「クソッ!もっかい!!」と、思ってしまうのがカジノの怖い所だ。
しかし、私は昨日の自分の宿代がRM35だったことを思い出し、RM50でやめる事にした。

そのあとは、色々なテーブルをウロウロしたり、ジロジロみてみたりして、冷やかし行為を繰り返した。
一緒に行った日本人が、お金の無い私を見て可哀想に思ったのか、何枚かのトークン(チップっていうの?)をくれた。
しかし、それらのトークンもMr.マリックも驚くくらい、あっという間に消してしまった。
あーあ。

ゲンティンハイランドは、高原の美味しい空気とカジノ天国の広がる…もの凄い場所です。

▼ゲンティンハイランド全体の模型

sponsored link