バトゥーフェリンギから路線バスでジョージタウンへ向かった。
マレーシアは基本的に、あんまり洒落たお店が無いんだけど、チャイニーズ系の街には可愛いお店がある。
ジョージタウンもチャイニーズ系の多い街なので、いたるところに可愛らしいカフェなどがあった。
(観光地なのでどこも値段は少し高めだけど。)

sponsored link

ジョージタウンの町並み

ジョージタウンには、芸術的なオブジェ(?)が町のいたる所にある。

世界遺産の町並みを色々と見て回りたいから、レンタルサイクルでもしようかな~と思っていたんだけど、実際に行ってみると暑くてヤル気が出なかった。
結局、少し街をまわって見た程度で、ほとんどは冷房の効いたカフェで過ごしました。

せっかくのジョージタウンなのに、日が落ちるまでずっとカフェのwi-fiでネットを見ていた。

夜はやっぱり屋台

夜になってもペナン島は暑かった。
暑くても、夜は屋台に行かなくては!!
ということで、張り切ってレッドガーデンという有名な屋台に出発。

屋台には観光客もたくさんいて、かなり賑わっている。
ここで、バクテーやサテをつまみに、タイガービールでペナン島屋台料理を満喫した。

屋台は、特別安いわけでも美味しいわけでもないんだけど、雰囲気で満足できるよね。

そして、お腹いっぱいになって宿に戻り、夜はカビ臭いドミトリーで就寝…

関連記事 >>> ペナン島の安宿情報

ペナンラクサ

次の日はマレー鉄道でタイのバンコクに向かったので、あっという間のペナン島旅行だった。
フェリーに乗ってペナン島を離れるまで少し時間があったので、気になるレストランに行くことにした。
その名も「ニョニャハウス」だ。

私はマラッカで食べたニョニャラクサの美味しさを忘れられなくて、ニョニャ料理屋があったら絶対に入ろうと決めていたのだ。
ちょっと高級そうに見えたが、メニューにあるニョニャラクサはRM8だったので、安心して注文。

しかし、出てきたのは「ニョニャラクサ」ではなく…

ペナン島名物の「ペナンラクサ(アッサムラクサ)」だった。

私はアッサムラクサの白い麺があまり好きではなかったので、ガッカシ。
スープも具も完全にアッサムラクサだ。
これをニョニャラクサと表記するなんて、詐欺だーーー!!!と心で叫びながらも、スープまで飲み干して店を後にした。

あー、クリーミィなニョニャラクサが食べたいな。

sponsored link