マレーシアのスーパーなどで、安く買ったインスタント調味料です。

私は海外に行くと、こういうのをついつい買っちゃう。
ナシゴレンの素とか、トムヤムスープの素とか、色んなメーカーの物がありますが、だいたいどれも数十円で買えます。

肉骨茶(バクテー)を作れる漢方セットみたいのも買ってみました。
ティーバックの中に漢方が入っていて、肉と一緒に煮込むだけなので簡単便利。
値段はちょっと高めだった。(とは言っても、数百円程度。)

あとは、カンコンブラチャン(空芯菜炒め)を作るときとかに使うブラチャンも、たくさん売られていたので買いました!

sponsored link

臭いに注意

ブラチャンは、海老を発酵させたもので、少量を料理に入れると美味しいんです😍
しかし、これがマレーシアではまったく気づかなかったんだけど、日本に持って帰ったらクサい!!!
まあ、ナンプラーとかと同じ発酵食品だからね。臭いよね。

それと、辛くて美味しい♪サンバルソースも冷蔵庫に入れていたらクサい!!!
サンバルソースにもブラチャンが入っているからね。

しかし不思議なのが、現地では全く気にならなかったニオイが日本に持ち帰ると気になる。
韓国のキムチ的な感じでしょうか??

とにかく、ブラチャン系はそのまま例倉庫に入れておくと、他の食べ物にニオイが移ります。
ということで、面倒だけどブラチャンやサンバルソースは、サランラップにぐるぐる巻いて保管する様にしています。

マレーシア料理を実際に作ってみた

インスタントを調味料を使って、マレーシア料理を作ってみました。

▼簡単ナシゴレン

ナシゴレンです。
これはもう、混ぜるだけなので簡単。

▼カンコンブラチャン

大好きなカンコンブラチャン(空芯菜のブラチャン炒め)も、混ぜるだけだから簡単でした♪

▼ブラチャンを使った炒め物

空芯菜が中々手に入りにくいので、かわりに豆苗を使っても美味しく作れました。

▼バクテー(もどきになった…)

肉骨茶(バクテー)風な料理です。
漢方の入ったティーバックを一緒に煮込むだけで、肉骨茶風の美味しい料理になりました。

ペラペラの安い豚肉でも、それなりの味になった。
油揚げとかキノコとかを入れて、最後にレタスを少し入れました。
カツオ出汁と醤油を少し入れてあるんだけど、それを吹き飛ばす程のマレーシアンチャイニーズ風味です。

▼ロティ

ロティの素を使って簡単に、もちもちロティ。

▼トムヤムクン

タイとかでも売ってるキューブ型のトムヤムの素を使って、簡単トムヤムクン。

このように、インスタント調味料はかなり楽しめます。
日本の食材とも良く合うし、安いし、持ち運びも楽なので、たくさん買っても余裕。

sponsored link