キンパブ天国のキンパブ

韓国の代表的な軽食と言えば「キンパブ」という韓国のり巻き。
日本の「のり巻き」とは少し違って、普通のご飯(酢飯ではない)にごま油を塗って、たくさんの具を包んで作られている。
街の軽食屋はだいたい、このキンパブとインスタントラーメンがメインのお店で、私も良く利用していた。

屋台のキンパブ
屋台のキンパブは小さくて可愛い

コンビニのキンパブ
コンビニのキンパブは量の割に安くてお得

軽食屋以外にも屋台などで売られているキンパブ。
しかし、中には酷い物もあるので注意した方が良い。

地下で売られているキンパブに注意

注意した方が良いキンパブ・・それは特に地下鉄で売られているものだ。
よく地下鉄駅で、アルミホイルに包んだキンパブをアジュンマが売っているや〜つです。

地下鉄でキンパブを売るアジュンマ

韓国人の友達から「あれは古いのも混ざっているから買っちゃだめ」と言われていた。
しかし、私はその安さから(1,000ウォンくらい)たまに買ってしまっていた。

ある夏の日に、腹が減ったので、いつもの様に地下鉄の1,000ウォンキンパブをアジュンマから買ったのだが、それが明らかに腐っていた。
納豆レベルに糸を引いていた。
しかし、阿呆な私は1カケ食べて飲み込んでみた。
お腹が空きすぎていて勢いを止められなかったのだ。
落ちぶれてスマン。

あの生温くて酸っぱい味は今思い出しても吐き気がする。
しかし、生焼けのサムギョプサルとインドのカレー以外に食べ物であたった事が無かった私は、この時のネバネバのり巻きを食べても何ともなかった。
でも、もうあんなの食べたくないのでそれ以来、地下鉄で売られているアルミホイル巻きキンパブは買わない事にしている。
韓国人の言うローカル情報はだいたい正解なので、素直に従った方がいいらしい。

sponsored link

軽食屋のキンパブはおすすめ

その場で作ってくれる軽食屋のキンパブはおすすめ。
だいたいどこのお店でも、その場でキンパブを作ってくれる。
「ポジャン」と言えば持ち帰りようにも包んでくれる。

キンパブ屋の中でも「キムガネ」や「キンパブ天国」が有名だ。
私は「キンパブ天国」が好きで良く通った。
味が好きというよりもご機嫌な感じの店名が好きなのだ。

キンパブ学校
これは「キンパブ学校」という店。色んなキンパブ系軽食店がある。

だいたいメニューは全部ハングルなことが多い。

キンパブ天国の注文方法

ちなみに、これはキンパブ天国のメニュー。
自分で食べたい物にチェックして頼むので、韓国語がわからない場合は適当にチェックして注文してみるのも面白いと思う。
だいたい1番始めの方にキンパブ類が書いてあるはずだけど(値段も他の物より安いはず)。

sponsored link