リムジンバス

初日の宿は新村という学生街に取ったので、空港からリムジンバスの6002番に乗って新村に向かう。

リムジンバスで街に出る

空港バスチケット
バスチケットもちゃんとしたものになったなぁ。

値段は10,000ウォン。
以前は停留所の放送がややこしくて、韓国人でも間違えると言われていたが、最近は日本語の放送もしてくれるので簡単に利用出来る。

sponsored link

格安ゲストハウスの狭い個室へチェックイン

Agodaのトラブルで一緒の宿に泊まれなくなった私たちだが、まずは私の宿にチェックイン。
(関連記事yajirusiAgodaでのトラブル☆予約出来てなかった!?)

「新村やすらぎ」という激安のゲストハウスだ。
ここはAgodaなどの予約サイトは使わずに、直接メールで予約をして取る事ができる。
値段は1泊2000円程度で、部屋は狭いが全室個室だし、清潔だし、寝るだけの宿にするならおすすめだ。

それにしても、ここの宿は見つけにくい。
たまたま近くの日韓交流カフェ(カケハシ)のオーナーがいたので「やすらぎってどこですか?」と聞いて教えてもらった。
そして「やすらぎって言っても普通の韓国人には通じないよ!」と言われた。
たしかに外観には「やすらぎ」という文字はなく、窓ガラスに大きくコシウォンと書いてあったので、もともとはコシウォンだったのだろう。
(コシウォンていうのは、受験生用の下宿みたいな部屋で、とにかく狭い個室部屋のこと)

やすらぎ室内

てゆうか、作りといい狭さといいコシウォンそのものだ。
メールのやり取りは日本語で問題ないが、管理しているアジュンマ(おばちゃん)は日本語が話せない。
しかし、とても感じの良いアジュンマだし日本人には慣れているようなので問題ないだろう。
アジュンマによると、ここは日本人専用の宿とのことだ。
狭いが特に不便はないので、長期滞在する時なんかにも良いかもしれない。

私のチェックインを終えて、次はボヤッキーの宿へ向かう。
私がキャンセルされた憎き宿「シンチョン アルファ ゲスト ハウス」だ。
場所は有名な立ち食い焼肉店の通りにある!!

ソソモンヌンカルビチッ

レセプションには中国人の女の子が寝転がっており、その子が案内をしてくれた。
部屋は想定の範囲内の部屋だった。

ここはキャンセルされた憎き宿なので、とりあえず共同トイレでもりもりとウ●コをしてトイレットペーパーを使い切ってやった。
その直後に入ったボヤッキーが「臭い!紙が無い!どうなってんだ!」と独り言を言っていたので私は満足した。

夕食はサンパブ屋でサムギョプサル

草堂サンパブ

初日ということで、韓国料理初心者のボヤッキーも知っているサムギョプサルを食べる事にした。
私のお気に入りの店で、数年前に移転した「草堂サンパブ」というお店。
初めに来た頃はサムギョプサル1人前が5,000ウォン程度だったが、現在は11,000ウォンになっていた。
しかし値上がりしていても、ここの韓国野菜たっぷりのサンパブは食べたかった。


見た事のない韓国野菜たち


雑穀ご飯も美味しい!

ボヤッキーも喜んで食べてくれている。良かった。

1日目の支出

空港のコンビニ(ホッケ茶とナッツ類など計3点) 3,500ウォン
空港リムジンバス 10,000ウォン
宿代(1900ウォン×4泊分) 76,000ウォン
夜ご飯(サムギョプサル) 11,000ウォン
スーパー(ホッケ茶) 970ウォン

Total 101,470ウォン(約10,958円)

※2015年1月のレート 1ウォン=0.107994円で計算

yajirusi2日目の前半へ続く

sponsored link