旅行した日:3月15日(火)晴れ

済州島トルハルバン

今日はハルリム公園というトロピカルパークへ行く。
昨日のバスとは反対方面の西回りバスに乗る。

バスでハルリム公園へ

ハルリム公園で降りようと思って、降車ボタンを押すが「え?ハルリム公園?今過ぎちゃったよ」とバスの運ちゃんに言われる。
降り損ねてしまった。
すると、運ちゃんが陽気に「大丈夫。もう少し乗ってなさい。・・ここ、ここで降りなさい!公園行く前にあっちのビーチで海を見るといい。」と言いながらビーチの前で降ろしてくれた。
運ちゃんは「あ〜いいな〜海、いいな〜」と叫びながら私を降ろし、発車していった。元気だなぁ。

ということで、少しだけビーチを見学してから公園へ。

ハルリム公園

大人10,000ウォンを支払って公園に入る。
南国の雰囲気〜を楽しむ前に、お腹が空いていたのでいきなり園内にある食堂へGO!!

ハルリム公園

焼きサバ定食10,000ウォンを注文。

隣の席に来たおばちゃんたちの団体客が、こっちをジロジロと見て来て「それ、美味しそうね。味はどう?」と聞いて来たので「マシッソヨ(うまいよ)^^」って答えたのに、誰1人焼きサバ定食を頼まないという・・ね。

食事の後は、パンフレットの地図を見ながら園内を片っ端から見学。

ハルリム公園

ハルリム公園

鳥達は普通に園内を歩いています。

ハルリム公園

ハルリム公園

この洞窟がハルリム公園の1番人気らしい。

ハルリム公園

そして、オウムハウス・・??
ここは別料金で1,000ウォン支払って入ります。

ハルリム公園

ハルリム公園

オウム達は声色を変えて「アニョハセヨ」「サランヘヨ」「アンニョン!!」と話してくる。

ハルリム公園はなかなか面白かった。
バスで帰る前に、ちょっとビーチでぼんやりして行こう。

済州島ビーチ

珈琲屋さんのトラックが来ていたので、カフェモカを買って海辺で一休み。

済州島ビーチ

カップルが歩いているのを横目に、カフェモカを飲みながらチェジュの海を眺めていました。
本当にキレイな海だなぁ・・

sponsored link

ソルビンと海水サウナ

済州島メインストリート

チェジュ市内へ戻り、昨日の市場のあたりをウロウロした。
地下街があったり、若者向けの商店街(?)があったりと、割と賑やか。

カカオトークグッズ

コスメや雑貨を売ってる店で、カカオフレンズの商品を発見!!

韓国土産のパック

フェイスパックなんかを少しお土産に買いました。

そして、歩いていたらソルビン(韓国かき氷)の店を発見したので、つい入ってしまった。

ソルビン

ソウルでも食べた苺のソルビンを注文。
食べきった頃には体の芯から冷えていた。

こうなると、次はサウナです。
サウナで温まるしかない。
初日にタクシーの運ちゃんが教えてくれた海水サウナへ向かうことにした。
地図で場所を確認すると、ラッキーなことに歩いて行ける距離だった。

海水サウナ

たしかに、ここのチムジルバンには韓国人しかいなかった。
ちょっと薄暗くて古い施設だけど、ゆ〜っくり出来る感じです。
ここで体を温めたあとは、夕食。

ククス専門店

「ククス(うどん)専門」と書かれた店を発見。

ミョルチカルククス

ミョルチククス(いりこ出汁うどん)とマッコリを注文した。
マッコリが3,000ウォンだったので、日本の感覚でグラスマッコリだと思ってたら、750mlが1本来てしまった。
しかも、炭水化物をつまみにして飲むのってキツい・・
だけども、飲み干しました。

すると、見事に足もとフラフラの酔っ払いに仕上がりました。
酔って気分が良くなり、帰り際にいらない物を買いまくってしまった・・

ネロの財布

このカカオフレンズ(ネロ)の財布は、作りの悪い偽物なんだけど8,000ウォンもした。
明らかに高いんだけど、気分が良いので即購入。

明日の朝、釜山に向かうので、済州島旅行は今日でほぼ終わり・・

yajirusi4日目へ進む

sponsored link