キャメロンハイランドに滞在中の、ある週末。
マレーシア人の夫婦が屋台を出していて、ロンガンが売られていた。

sponsored link

ボラれそうになった

実は先日、別の屋台(インド系)でロンガンをRM5で買った事があった。
もしかしたら、それより安いかもしれない♪と思ってフルーツ屋台のマレーシア人のおばちゃんに「ハウマッチ??」と聞いてみる。

英語が通じないのか、しばらく無視されたあとに、
「トゥエルブ」
と、無愛想に言われる。

はて、私の耳が悪いのだろうか。

別の店でRM5で買えたのに、ここの店ではRM12??
もしかして、前に買ったロンガンは安もので、こっちは高級ロンガンだからRM12くらいするのかな??
と、思いながらも、私の聞き間違えだった可能性もあるので、もう一度聞いてみる。

しかし、聞き返しても、今度は隣のおじちゃん(旦那)まで「トゥエルブ」と怖い顔で言って来る。
「やっぱりRM12か…高いよね??」と、思いながらしばらく考えていると、「ください」とも言っていないのにロンガンを袋に入れて渡そうとしてきた。

そこで、さらに「安くして下さい」と笑顔で値切ってみても、聞こえてないんだか、無視してるんだか、何も答えてくれない。

と、そこへ、たまたま別の客(インド系)がやってきて、何やらマレー語で会話したあとに、おばちゃんは私が買おうとしていたのと同じロンガンを計りに乗せる。
なんと、そこに表示されたのはRM6だった。
当然の様に、客はRM6を払って果物を購入して去っていく。

え?まじっすか。
そもそも、この店はすべて計って売っているの??

いくら私が外国人だからって、そんなに堂々とふっかけてこなくてもいいのに…。
何だか差別された気分になって、店のマレー人夫婦を睨みつけてやったけど、無視された。
「買いたくなけりゃ買わなきゃいい」
おばちゃんには、そんな感じの顔をされた。
その店は、外国人の私が買わなくても、地元の人達が買ってくれるから何の問題も無いのだろう。

マレー系の食堂にも似た様な雰囲気がある(全部ではないが)。
この無視される様な、汚い物を見る様な感じは、ホントに心地が悪い。

でも、良く考えたら向こうは何も悪く無いんですよね。
向こうからしたら、私(外国人)が勝手に遊びに来て、勝手に話しかけているだけだから、無視したって、ふっかけたって何も悪く無い。
すべて、私から絡んでいるだけなんだよね。

とは言え、イヤな気分になった。
自分から勝手に絡んでいって、殴られて帰って来るみたいな。
今日は昼間に、とっても感じの良いマレー人のおばちゃんに出会ったばかりだったから、なんだか余計に辛かった。

後日談
この日の昼間に会った感じの良いマレー人のおばちゃんはチャイニーズ系だったことが判明。
(よく考えたら三角巾を頭に巻いていただけで、ムスリムの人のかぶる布じゃなかった)

そういえば、ロンガンは、次の日に別の店でRM5で購入できました。

きっと、私がマレーシアに来たばかりだったら、値段が良く分からずに言い値で買っていたと思う。
そして、買った事すら忘れてしまって、ボラれたことにも気づかなかったかもしれない。
(てゆうか、ボラれたと思わなかったら、それはボラれていないのと同じかもしれない。)

sponsored link