クアラルンプールからバスで2時間程度で着くマラッカ。
ババニョニャ文化の街マラッカ。

マレーシアで知り合った日本人6人で、1泊2日のマラッカ旅行に行って来ました。

sponsored link

世界文化遺産の町

マラッカの街は、世界遺産の中の文化遺産に登録されているらしい。
それを楽しみにしていたんだけど、実際はさほど感動はなかった。
だけど、日本人はマラッカを気に入る人が多いみたいです。
今回のマレーシア旅で、出会った日本人達は、みんなマラッカは良かったって言ってる。

そういえば、沢木耕太郎の深夜特急でも、マラッカで見る夕日はキレイそうだって言ってた。
しかし、私は夕日…見てない。見てみたかったなぁ。

オランダ広場

長距離バスステーションから、ローカルバスに乗り換えて、オランダ広場(ダッチスクエア)の前で降りました。
街中にはトライショーと呼ばれる奇妙な(?)乗り物が行き交っている。

▼トライショー

派手な装飾に派手な音楽を流して走っているトライショーはマラッカ名物でもある。

そして、有名なセントポール教会(の跡)を見学。
ちょっと小高い丘の上に建てられているので、息切れした。

▼セントポール教会

フランシスコザビエルの像のあるこの教会跡は、ポルトガル支配の時代に建てられたらしい。
そして、ここの丘から眺める夕日がキレイらしい…が、見ていない。

▼マラッカ海峡

でも、マラッカ海峡は見えた。すんごい、曇ってるけど。
確かに、晴れた日にココから夕日見たらキレイだろうな〜

その他にもマラッカには、イスラム・ヒンズー・仏教の寺院がたくさんある。
私はあまり観光しないタイプなので、それらの寺院を観光するよりも、マラッカ川沿いのカフェでビールを飲む方が楽しかった。

マラッカで泊まった安宿 >>> マラッカの安宿情報

マラッカで食べたもの

オランダ広場からチャイナタウンの方へ歩いて、昼食はニョニャ料理を食べることにした。

ニョニャ料理とは・・・ザックリ言うと、マレーシアで使われているスパイスや調味料を使った中華料理の事です。中華+マレーの独特な料理。

私は前々から気になっていたニョニャラクサを食べることにしました。

▼ニョニャラクサ(シンガポールラクサ)

▼トムヤムラーメン

ニョニャラクサはクリーミィで美味しかったです。
これがきっかけで、マレーシア料理で一番好きな料理になったんだけど、なかなか食べられる店が無いんですよね。
KLだとオールドチャイナカフェで食べる事ができるけど。
(シンガポールでラクサと言えば、このタイプだと言う事は後で知った。)

マラッカは、夜になると屋台がたくさん出て来た。

▼エッグタルト

▼屋台料理

味は良く覚えてないけど、お祭りの様な雰囲気は楽しかったです。

sponsored link