マレーシア料理は美味しいけど食べ続ければ確実に太る、と思う。
美味しいんだけどね〜…マジで太る。

sponsored link

マレーシア料理

キャメロンハイランドの図書館で見つけたと「マレーシア (暮らしがわかるアジア読本)」に、こんな事が書かれていた。

男がぽっくり死ぬことが多い。
飲食物の栄養が過多で、偏っている事がその原因ではないだろうか。
栄養学の知識が無いので、単なる想像に過ぎないのであるが、少なくともあの紅茶やコーヒーへの砂糖とコンデンスミルクのもの凄い入れようと、マレー食に使われている油と塩分の多さを知っただけでも、糖尿病や心臓病、高血圧の多さが充分推測できる。

マレーシア (暮らしがわかるアジア読本)水島司より

まったく、この通りなんですよ。

マレーシアの食堂では必ず食べ物と一緒に「飲み物は?」と聞かれるが、それがすべて甘〜いので毎回どう逃げようか考えてしまう。
断りゃいいんだけどね。ついつい飲んでしまう。
(中華系の店ならチャイニーズティー(緑茶とか)があるので安心。)

マレーシアの国民的料理ナシゴレンも、安くて美味しいんだけど、よく考えてみると、炭水化物+油+添加物(ご飯を油で炒めて味の素で味付けしたチャーハン)なんだよね。
さらに、テタレッ(甘〜いミルクティ)を一緒に飲むとなると…。

「ナシゴレン&テタレ」は、簡単に注文できて安くて美味しいので、しょっちゅう食べてたんだけど、、これを毎食食べていたら太るし、完全に野菜が不足する。

もちろん、ナシゴレン以外のメニューもあるけど、だいたいが野菜不足&油が多めに感じる。
野菜炒めもあって、よく注文するんだけど、それも大量に油を使っているし、味も非常に濃いめ。(塩分高いと思う)

でもね、マレーシアには「マレーシア料理」「インド料理」「中華料理」「ニョニャ料理」っていう4種類もの料理があるので、ある程度選んで食べる事が出来るんですよ。
バランスを考えながら、色んな料理を食べるようにすれば、なんとか乗り切れる(!?)

マレー系料理のリスト▷マレーシア料理の食べ物&飲み物

中華系の料理 in マレーシア

中華料理も、油をたくさん使っているイメージがあるけど、実はそうじゃない料理もあります。

例えば、中華だと野菜たっぷりのスープに白いご飯を注文して食べれば、ヘルシーなおじやになる。

インド系の料理 in マレーシア

カレー(インド料理)も、日本だと油と小麦粉のイメージが強いけど、マレーシアでは南インド系のカレーがほとんどなので、割とヘルシーなんですよ。
(ただ、ちょっとスパイスが…独特で私は苦手だった。)

インド系料理のリスト▷マレーシアのインド系料理

マレーシアで食べる和食&外国料理

マレーシアには、洋食はもちろん和食も韓国料理も何でもあります。

他の国でもそうなんだけど、和食はちゃんとした和食じゃなくて、現地の人がやっていたり、中国人や韓国人が経営していたりするので、日本風料理の店が多いです。
日本人てあんまり外国に進出してないからなんですかね?
でも、本格的な和食なら日本で食べられるし、外国でしか食べられないオリジナル日本料理っていうのも面白い経験になりますよ。

和食 in マレーシア

私がたまに通っていた、キャメロンハイランドにある日本料理屋「KOUGEN cafe」。
ここも中国人経営のお店。
完璧な日本食ではないけれど、値段はちゃんと日本食の値段(つまり高い)です。

それなりに美味しいお店です。

▼豚の生姜焼き定食

▼さば焼き定食

確かRM20しないくらいなので、本格的な和食を食べるよりは安いのかな。

あとは、友人がKLの(パビリオン)日本食料理屋で魚の定食を食べたらRM30くらいで高かったけど、味はかなり日本食だった!とのこと。

韓国料理 in マレーシア

マレーシアには韓国料理屋も割とあります。
しかも、ちゃんと韓国人が経営している店が多い。

でも、あまのじゃくな私は本格的な韓国料理ではなく、とあるフードコート内にあるで現地人がやっている韓国料理を食べてみました。
こういうのが面白いんだよね。

▼テンジャン(辛味噌)チゲ定食

RM10くらいだったかな。

味は悪くないけど、全く韓国料理の味とは違った。
特にキムチはキムチではなく、現地の漬け物??不思議な味のピクルスだった。

でも、こんな珍しいもの食べられる機会は少ないので、満足感は高い。

タイ料理 in マレーシア

タイ料理の店も、結構ありますね。
普通のマレー系の食堂にも「ナシゴレン タイ」というのが必ずあるくらい、タイ料理は身近なのかも。
まぁ、隣の国だしね。

タイでも見た事の無いタイ料理が出て来た事もありました。

▼コレ

とあるタイ料理屋で頼んだナシゴレンが、凄いピンク色だった。
なぜこんな色をしているのかは不明。
ただ、味は普通のナシゴレンだった。

あとは、ブキッビンタンの屋台通りにはタイ料理屋がたくさん並んでいる。
1人で食べに来ている西洋人もけっこう多いので入りやすい。

ブキッビンタンにある(屋台ではない)タイ料理屋に1人で入ってみたら、やたらと値段が高かったこともある。

▼ガパオご飯

普通の白いご飯に、ガパオ炒めみたいのを頼んだらRM20くらいになってしまった。
これでも、安い物をメニューから探して注文したんだけどね。
ブキビンタンは観光客が多いから、高めの設定なのかもしれない。

sponsored link