マレーシア旅行の持ち物

バックパック

私はマレーシア旅行の準備をしていなかったので、ほとんどの物を現地で調達した。
持ち物を現地で調達できるくらいマレーシアは発展している。
インド旅行とは大違いだった。

まず、バックパックはブキッビンタンにあるスンガイワンプラザという中野ブロードウェー風のショッピングモール(雑居ビル)で購入した。

そこにはノースフェイスなどの偽物バックパックがたくさん売られていて、値段や品質は店によってさまざま。
バックパックを扱う店は、なぜかインド人の店員が多かった。
どう見ても低品質のバックパックの値段を試しに聞いてみると「280リンギ」と言われる。
日本円で約9000円・・ありえない、と思って店を出ようとすると「まってまって!いくらなら買うの?」とインド人お決まりの引き止め。
それは値段を聞いてみただけで、安くても買う気がなかったので笑顔で店を出ると、インド人店員が必死に「200!」と言って来る。
それも無視して逃げる様に出て行くと、インド人店の外にまで出て来て「150!!じゃ〜100!!」と一気に下げてくる。
最後は「OK〜80〜〜〜!!」と大きな声で叫んでいた。

結局、私は100くらいで別のお店の物を買った。
値段も大事だけど、すぐに壊れちゃうと困るので、丈夫そうなのを選んだ。

1人旅で重要なのはガイドブック。
KLCCの紀伊国屋まで行って、割高の「地球の歩き方マレーシア」を購入した。
地球の歩き方は、かなり適当な本で、間違った記載が多いし何度も泣かされているのだが結局買ってしまった。

以下、マレーシア旅行の持ち物。
かなり軽量化した。

  • バックパック MR110
  • 地球の歩き方 MR80.40
  • 下着類2枚程度
  • Tシャツ3枚
  • インドで買ったアジア柄の綿パンツ2本とスカート
  • 歯ブラシ
  • ノートパソコン
  • ipad mini
  • カメラ
  • 携帯(シムフリー)
  • ビーサン
  • ボロい財布
  • タオル1枚
  • 靴下(高地は寒いので)2足
  • 折り畳み傘(マレーシアでは傘必須)
  • ブランケット
  • 虫除けスプレー MR15くらい
  • 保湿クリーム MR10くらい
  • 変換プラグ MR3.5
  • お友達 MR7

ドラえもん風ともだち
※顔は3Dで体は2Dのお友達

インド旅行での必須アイテム「ポカリ粉」は不要。
マレーシアにはポカリ系の飲料が何種類か売られている。
熱が出た時は「100PLUS」という超微炭酸のポカリ味飲料のお世話になった。

虫除けスプレーはディートの入っていないナチュラルハーバル系の物が良く売られている。
レモンバーム系のものかティーツリー系のものが有名。

折り畳み傘は、スコールがいつ来るかわからないので常に携帯。
しばらく降らない日が続いてるな〜と思ったらいきなり大雨なんてこともあるので持っていた方がいい。
(といいつつ、今現在も急なスコールが降りだして、宿に傘を置いて来た私はスタバに待機中・・)

それにしても、スマホにipadとノートパソコンとを持って行くなんて私はどんだけ電波野郎なんだ。
インド旅行ではまったく電波の無い生活だったのに・・。
なお変換プラグは大きめの電化製品店3.5リンギで売っていた。
高い物は20リンギくらいするが、違いがわからない。

(1リンギ=31円くらい。2014年3月現在)

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ