安宿の探し方と注意点

チャイナタウンの安宿

マレーシアでもインドでも、安宿の探し方は変わらない。
だいたい安宿がある場所は同じ様な宿が集まっている。
事前にインターネットでだいたいの場所の情報を集めておくか、ガイドブックを見れば簡単にわかる。

クアラルンプールの安宿と言えばチャイナタウンだ。
しかし、チャイナタウンの宿は汚い所が多い・・らしい。
今回はチャイナタウンの宿でヒドい目にあった。

安宿に泊まる前に調べておく事

チャイナタウンの安宿は事前にインターネットで調べて行った。
と言っても、個人のブログを見て行っただけで、その宿の評価を調べたわけではなかった。
それが結果最悪だったのだ。
南京虫だらけのベッドに当たってしまった。
気付いたのが夜遅かったので、どうする事も出来ずにいた。
慌ててその宿の評価を検索してみると、何と・・

トリップアドバイザー南京虫
bedbugs(南京虫)の評価だらけ・・とほほ。

これはヒドい。
こんなに南京虫の評価だらけの宿は、部屋を替えてもらっても無駄なので宿を移動した。

この南京虫の件以来、ちょっと面倒だけど泊まる前にトリップアドバイザーで宿の評価を調べる事にしている。
というより、bedbugsの文字が無い宿をチェックして、実際に部屋を見せてもらってから決めている。
もちろん、部屋を見る時は、ベッドのマットレスチェックがメインだ。

ネットで安宿予約はするべき?!

インドではパソコンを持ち歩いてなかったし、ネットに載っていない様な安宿にばかり泊まっていたのでネットで宿の予約なんて考えてもいなかった。
しかし、今回のマレーシアでは友人に「ネットで予約した方が安くなるよ」と教えられてネット予約してみたりもした。
地球の歩き方にも「安宿でもネットから予約した方が安く泊まれる」なんて情報が載っていたので。

しかし、実際は違った。
ネット上に表示されている値段は安くても、実際にネットから予約するとサービス料だとかホテル税だとか、わけのわからない税金が上乗せされて結局高くなった。
さらに、安宿の場合は交渉次第ででディスカウントが出来たりもするので、やっぱりネットよりも安く泊まれたりする。
また、ネット上には載っていないちょっと訳ありの安い部屋なんかもある。
例えば「極端に狭い部屋」や「窓の無い部屋」や「屋根裏部屋」なんかがそうだ。
それらの部屋はネットには載せていないが格安で泊まれたりする。

どうしても不安な場合や、週末で混みそうな場合はネットを使って予約しても良いかもしれない。
が、せいぜい1泊程度にして、あとは自分の足で探した方が安く泊まれると思う。
特に安宿は、実際に部屋を見てから決めないとヒドい部屋(南京虫)に当たったりもするので・・。

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ