長距離バスの酔い止め対策

特に高原方面へ向かうバスは乗り物酔いに注意です。
私は以前フィリピンのサガダという高地に向かう時に、もの凄いバス酔いをして、何度かのど元までゲロが出かけました。
知り合いは同じバスで途中下車したくらいの山道でした。
何人かの子供はバスのなかに吐いていたので、つられそうにもなりました・・。

そんな経験があったので、マレーシアの高地行きのバスもきっと同じだろうと思い、事前に酔い止めを飲んでおく事にしました。

マレーシアのハーバル酔い止め薬

マレーシアの酔い止め薬

「Travel care」っていう酔い止め薬を購入。
ローカルの薬局ではRM15で売っていた。
(が、あとでワトソンズで見たらRM8.9とかで売っていた・・やっぱりドラッグストア強いな)

この薬は何やらナチュラルハーブで作られているらしい。
いわゆる漢方薬みたいな感じ?
成分を見ると漢字でも記載されてて漢方っぽい!
何かの根っことかクローブ(丁香)とかシトラスとか干姜?干した生姜??みたいのとか・・
こんなんで効くのかな・・とも思ったけど効きました。

キャメロンハイランド行きのバスはぐるぐると山道を走るので、特に西洋人達はうなだれていました。
が、私はまったく大丈夫。
多分この漢方系酔い止め薬のおかげでしょう。
大粒なので飲みにくいけど、高原行きのバスや長距離バスに乗る際は飲んでおいた方が良いかも。

ちなみに同じ高原でもゲンティンハイランド行きのバスは全然大丈夫でした。
多分距離が短いからでしょう。
ゲンティンハイランド行きのバスは、ちょっと前に谷底に落っこちたとの事故があったので、ドキドキしながらの乗車でしたが、危険な道はそんなになかったです。
それよりも、その先のロープウェーの方が怖かったです。

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ