マレーシア料理は太る?!

ナシゴレン

太る。
美味しいけど食べ続ければ確実に太る、と思う。
図書館で見つけたとある本に、こんな事が書かれていた。

男がぽっくり死ぬことが多い。
飲食物の栄養が過多で、偏っている事がその原因ではないだろうか。
栄養学の知識が無いので、単なる想像に過ぎないのであるが、少なくともあの紅茶やコーヒーへの砂糖とコンデンスミルクのもの凄い入れようと、マレー食に使われている油と塩分の多さを知っただけでも、糖尿病や心臓病、高血圧の多さが充分推測できる。

マレーシア (暮らしがわかるアジア読本)水島司より

まったく同感だ。
マレーシアの食堂では必ず食べ物と一緒に「飲み物は?」と聞かれるが、それがすべて甘〜いので毎回どう逃げようか考えてしまう。
(中華系の店ならチャイニーズティーがあるので安心)
ナシゴレンは安くて美味しいけれど、よ〜く考えてみると、ご飯を油で炒めて味の素で味付けしたチャーハンだ。
それにテタレッ(甘〜いミルクティ)を一緒に飲む・・。

簡単に注文できて安くて美味しい。
ただ、それを毎食食べていたら太るし、完全に野菜が不足するだろう。

もちろんマレーシアには他にもメニューがあるが、だいたいが野菜不足&油が多めに感じる。
野菜炒めもあるけれど、それも油を使っているし味は濃いめ。
(実は大好きで良く食べてるんだけど。)

幸いマレーシアには「インド料理」「中華料理」「ニョニャ料理」などの他の種類の料理もあるので、バランスを考えて他の料理も食べると良いと思う。
中華料理も油をたくさん使っているイメージがあるが、野菜たっぷりのスープやバクテーなどはヘルシーな料理じゃないかなと思う。
チャイニーズスープ

中華やニョニャ系の店ならチャイニーズティーもあるし。

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ