マレーシア料理:その1ナシゴレン

マレーシアのナシゴレン

「マレーシアに来たらマレーシア料理でしょ。
けど、マレーシア料理って何だろう・・インドネシア料理に似てる感じぽいな・・」

程度の知識しかありませんでした。
実際にナシゴレンとかインドネシア料理とかぶってるけど、マレーシアオリジナルの料理もあります。

だいたいマレー系の店にあるものは

  • ご飯類(ナシゴレン)
  • 麺類(焼きそばorスープ系)
  • スープ、トムヤム
  • 肉炒め
  • 野菜炒め

って感じでしょうか。

とあるマレー系のお店のメニュー
マレーシア料理menu
クリックで大きく見れます

まず、上のメニューの店はナシゴレンだけでも28種類もありますw
何が違うのかというと・・
通常メニューの一番上に載っているナシゴレンはプレーンナシゴレンです。
(しかし、これも店によって辛さとか味とかが全然違う)

ナシゴレンbiasa
ナシゴレン BIASA

BIASAで「通常の」という意味です。
この普通のナシゴレンは、だいたいRM4〜5で食べられます。
そして、その下にはだいたい国の名前がついたナシゴレンが登場します。
これも店ごとに内容は変わるのですが・・

ナシゴレンCHINAはいわゆるチャーハンのことでしょう。
ナシゴレンchina・・つまりチャーハン
とある店のナシゴレンCHINA

ナシゴレンTHAIも良く見かけます。
内容を聞くと「スパイシー」と言われるのですが、食べてみるとそうでもないことが多かった。
ナシゴレン thai
とある店のナシゴレンTHAI

そして、ナシゴレンUSAというのも良く見かけます。
だいたいUSAは値段がちょい高めで、鶏肉とかが添えられていて豪華です。
ナシゴレンusa
とある店のナシゴレンUSA

この国の名前シリーズの他には、ナシゴレン AYAM(鶏肉)とかナシゴレン UDAN(海老)とかマレー語で食材の名前が書いてある物が多いです。
食べ物の名前のマレー語は覚えておくと便利です。
yajirusi食堂で見かけるマレー語

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ