バスでの長距離移動は要注意!

特に高原方面へ向かうバスは乗り物酔いに注意です。
私は以前フィリピンのサガダという高地に向かう時に、もの凄いバス酔いをして、何度かのど元までゲロが出かけました。
一緒のバスに乗っていた現地の子供たちは、バスの中にゲーゲー吐いていたので、つられそうにもなりました…。
とにかくアジアの山道を走るバスは、日本では考えられないくらいの揺れ方をすることがあります。

そんな経験があったので、マレーシアの高地行きのバスもきっと同じだろうと思い、事前に酔い止めを飲んでおく事にしました。

sponsored link

マレーシアのハーバル酔い止め薬

「Travel care」っていう酔い止め薬を購入。
ローカルの薬局ではRM15で売っていた。
(しかし、あとでワトソンズで見たらRM8.9とかで売っていた…やっぱりドラッグストア強いな)

この薬は何やらナチュラルハーブで作られているらしいんです。
いわゆる漢方薬みたいな感じ?
成分を見ると漢字でも記載されてて、漢方っぽいハーブが配合されているのがわかります。
何かの根っことか、クローブ(丁香)とか、シトラスとか、干姜?干した生姜??みたいのとかですね。

正直、こんなんで効くのかな?と思ったけど、凄い効きました。

KLからキャメロンハイランド行きのバスは、グルグルと山道を走るので、特に西洋人達はうなだれていました。
でも、私はまったく大丈夫!!
多分この漢方系酔い止め薬のおかげだと思います。
大粒なので飲みにくいけど、高原行きのバスや長距離バスに乗る際は飲んでおいた方が良いかも。

ちなみに、同じ高原でもゲンティンハイランド行きのバスは全然大丈夫でした。
多分距離が短かかったからだと思います。
ゲンティンハイランド行きのバスは、ちょっと前にバスごと谷底に落っこちた事故があったと聞いていたので、ドキドキしながらの乗車でしたが、危険な道はそんなになかったです。
それよりも、その先のロープウェーの方が怖かったです。

てゆうか、アジアで山道を走行する長距離バスに乗る時って、だいたい「このバス以前に落ちたらしいよ」とか「去年同じルートのバスが落ちたんだって」とかの話を聞きますが、半分は都市伝説的なやつなんじゃないかと思います。
だって、ホントに毎回必ず同じ様な話を聞くんだもん。

sponsored link