無の世界を、あえて色でイメージするなら何色を想像しますか?

インドで旅をしていた時に知り合った日本人に、こんなことを聞かれました。
無の世界は「無」なんだから、色は無いってことでしょ!?

sponsored link

無色は何色なのか

その人は、
「無って聞いて、何色を思い浮かべるか・・この質問すると、相手がどういう人かが良くわかるんですよ!」
と、言っていました。

それで、旅先で知り合う人には同じ質問をし続けているんだそうです。

私は「無の世界」と聞いて、真っ黒を想像しちゃいました。
何でかって言うと、無の世界と言えば宇宙が誕生する前の何も無い世界を想像したからです。
光もない世界だから真っ暗なはず・・ということは、黒かな??
と思ったんです。

でも、真っ暗っていうのは、明るさを知っているから暗さを感じられるものなんですよね。
ということは、やっぱり・・無の世界は黒ではないんだろうけれども・・

やっぱり、白よりは黒の方が「無」って感じがします。

人によって答えはさまざま

で、そんな質問をされてから、私自身もインドで知り会った日本人に同じ質問をするようになりました。
みんなインドに来ているくらいだから、そういう話が好きな人ばっかりで、真剣に考えてくれました^^

で、やっぱり1番多い答えが「白」と「黒」でした。
白って答える人は「絵を描く時の紙は白だから」とか「無の世界は真っ白な光の中のイメージ」とか、そんな意見がありました。

その次に多かった答えが「虹色」です。
ちょっと変わった事を言いたい感じの人は「虹色」って答える事が多かった気がします。
「すべての色が入っているということは「有」という事で、それはつまり「無」でもあるから」
という、ちょっと難しい事を言っている人もいましたが、私は「なるほど!!」と思っちゃいました。

その次は「灰色」とか「グレイ」と答えた人が多かったです。
白と黒の中間ということみたいですね。
「白や黒だと色を断定している感じがするから、もうちょっとぼんやりとした感じの・・グレイかなぁ」
というような、意見がありました。

だいたいの人は、「白」「黒」「虹色」「灰色」と答えます。

唯一、それ以外の色を言った人は「青」でした。
理由は「なぜか青が思い浮かんだ」という、なんとなくの理由でした。

色の無い物に、あえて色をイメージしてもらう。
そして、この質問自体にも意味はないんだけど、なんだか面白かったです。

そんな事を大晦日の除夜の鐘を聞きながら思い出していましたw
除夜の鐘の音って、シンギングボールの響きに似てるんですよね。
それで、インドを思い出して・・って感じで、こんなことを思い出したんです。

あなたは「無の世界」と聞いて何色を思い浮かべますか?

sponsored link