カトマンズのタクシー

2015年11月19日

デリーの安宿で目が覚めると、喉が痛かった。
扇風機まわしたまま布団をかけずに寝ていたせいかもしんない。
今日からネパールに行くのに・・ヤバいな。

sponsored link

あっという間にネパールに到着

インドのデリーからネパールのカトマンズまでは、飛行機で1時間半程度で着いてしまった。

そして、カトマンズに着くとさらに体調が悪くなっていた。
喉が痛くて、だるい。少し熱も出てるっぽい感じがする。

空港からタメル地区まで歩くって決めてたんだよな・・歩くの辛いな・・でも、タクシー高いよな・・

と、思いながら空港のプリペイドタクシーに値段を聞くだけ聞いてみた。
すると「1050ルピー」と言われた。

え、何その消費税5%みたいな値段!!けど、思ったよりも安いじゃん♪

てなことで、タクシーに乗る事に決定。
50ルピーが中途半端な感じがするので、これは値切られる事を想定しての値段なのか?と思って値切ってみたけど、
「今、燃料不足なの知ってるだろ?だからこれが定価なんだ・・」
と言われた。
けど、全然OKっすよ。5000円かかると思ってたんだから、1050ルピーなんて安い安い!!
ちょっとATMでお金降ろしてくるから待っててね^^

と、ATMを探しに行く途中で日本語を話す怪しい客引きがやって来た。

客引き「そのATM引き出せないよ。ところで、どこ泊まるの?安いホテル案内できるよ。」

私はインドで知り合った旅人に「カトマンズならトラベラーズホームが良いよ!」と聞いていたので、トラベラーズホームに行くと言うと、

客引き「私そこの宿の人ですよ!一緒に行きましょう!!」

おいおいおい、いきなり怪しいでしょ。
これ、インドだったら全然違う宿に連れて行かれるパターンだ。
と、思い超警戒しながら

私「ホントなの?車あるの?」

客引き「タクシーで行きます。さっきあなたプリペイドタクシーいくらって言われた?」

私「1050ルピー・・」

客引き「じゃあ、1000ルピーで行きますよ!そして、宿まで案内します。ATMも途中で寄ってあげます。」

いつもなら、こういった客引きは無視するか強めに断るかするのだが、風邪で頭がボーッとしていた私は、この怪しい客引きにノコノコと着いて行った。
ちなみに、客引きに言われた通り空港のATMは使えなかった。

体調がさらに悪化

カトマンズの道路

タクシーに乗り、途中でATMにもよってもらい無事にトラベラーズホームへ到着した。

客引きに「私はドミトリーに泊まりたい」と言ったら「ドミトリーは500ルピー」と言われた。
あれ?もっと安いと思ってたんだけど・・もしかして仲介手数料取ってない??と疑った私は、とりあえず最上階にあるドミトリー部屋まで行って見学させてもらった。
そして実際に泊まっている人達に「すみません!!ここって1泊いくらですか??」といきなり聞いた。
すると「え?500ルピーですけど・・」と言われた。

客引き「だから言ったじゃないですか!!私嘘ついてないよ!!」

私「あはは、ソーリィー。じゃ、ここ泊まる。」

ということで、ドミトリーに泊まる事決定。
これが、インドだったら、こんなにスムーズには終わらなかったと思うんだけど、ネパールって楽だなぁ。
インドからネパールに来ると「まるで天国」って感じるらしいけど、その気持ちが何となく分かった。

ドミ部屋には日本人の男性が3人程いて、夕食を一緒に行ったりした。
しかし、その頃から私の体調はさらに悪くなって行き、鼻水は止まらないし熱もグングン上昇中な感じだった。

カトマンズでダルバート

私のリクエストでダルバートを食べに行き、ネパールの事を色々と教えてもらった。
どうやら私を連れて来た客引きは、トラベラーズホームのスタッフでは無いらしいが、きっと宿と提携している客引きなんだろうと言う事だった。
ま、騙されてないし、少しだけタクシー代安くなったからいいか。

あ、タクシー代と言えば1000ルピーは少し高いくらいなんだそうだ。
燃料代が高騰しているにもかかわらず、500ルピーで来れたっていう強者までいる。
それじゃあ通常時の料金よりも安いじゃないか・・どうなってんだ??ネパール。

夕食の後は、みなさん宿のテラスで瓶ビールを飲みながら楽しくおしゃべり・・しかし、私は服を着込んで葛根湯を飲んで寝た。
とにかく早く寝て、早く風邪を直さないと、たった2週間のネパール旅行が台無しになってしまう。

2日目へ進む