音楽は、一人旅の楽しみのひとつでもあります。
自分の好きな音楽を聴きながら、異国の地を散歩したり、鉄道やバスに乗ったりする。
これ最高!!

sponsored link

これを聴くとインド旅行を思い出す。

最初のインド旅行は、フィリピンの英語学校で知り合ったボヤッキーとドラえもんと私の3人で行ったのですが・・
(その時の旅行記>>>インド旅行記

3人とも初めてのインド旅行にウキウキしすぎて、事前に「インド旅行のテーマ曲を選ぼうぜ!!」みたいな話になったのです。

私「世界遺産のテーマ曲がイイ!!」

▼世界遺産のテーマ曲「The Song of the life」

ボヤッキー「それ、ええな!!でも、旅と言えばドラクエやろ。ラーミアのテーマ最高!!」

▼おおぞらをとぶ(ラーミアの曲です)

私「おお〜イイネぇ〜。」
ってな感じで、私とボヤッキーははしゃいでいたんだけど・・
なぜかドラえもんの独断と偏見で・・・・
・・・
J-walk何も言えなくて・・夏
に、決定されたんですよね。

全然インドっぽくないっていうか、旅っぽく無いのでもちろん反対したけど、私たちの力関係は、「ボヤッキー≦私<<<<<<<ドラえもん」だったので無理でした。
ということで、私たちのインド旅行のテーマ曲はこれ

▼何も言えなくて・・・夏

フィリピンの英語学校の実習室で、インド旅行の計画や予定を立てる時は、必ず大音量でJ-walkを流してました。
まわりの若い子達(日本人生徒)は「この人達、また古い曲流してるよ。」って感じで、見て見ぬ振りをしていたと思います。
韓国人にいたっては「日本ってこんな曲が流行ってんのか??」って不思議そうな顔して見てました。

実際のインドに行ってからも聴いていました。

そんな感じで、最初はイヤイヤだったんだけど、聴き慣れるとイイ曲なんです。
てゆうか今では、この曲を聴くとインドの景色がブァ〜っと広がるんです。
もうインドの曲にしか聴こえない。

それくらい、旅中に聴いていた曲って、旅の風景が染み込むんですよね〜

現地の曲も擦り込まれた

2回目のインド旅行の時は、毎日のように聴いていた現地の曲が忘れられない。
毎日ヨガをしに行ってたヨガ教室で聴いていたヨガミュージックだ。

日本でヨガ教室に行くと、だいたい何かしらの音楽がかかっていることが多いが、インドでのヨガは基本的にどこも無音。
それが、私の通っていたヨガ教室では音楽をかけながらやる珍しくスタイルだったので、その時の音楽を聴くと当時の風景がブァーっとよみがえる。

▼こんな曲

毎朝6時からやっていたヨガは、まだ薄暗い時間からやっていたので、この曲を聞くと早朝の爽やかで、ちょっと切ないような気分にもなる。
音楽って不思議ですねぇ〜

sponsored link