鞆の浦の風景

仙酔島から鞆の浦に戻って来たので、次は鞆の浦散策です。

sponsored link

圓福寺と猫たち

鞆の浦の圓福寺

圓福寺は真言宗のお寺で、南北朝の古戦場跡。
ここのお寺の裏にまわると、すばらしい風景が眺められるらしい。
そして、それがポニョにも出て来る町並みだとか・・!?

でも、あれ?よくわからん。

鞆の浦の眺め

町並みではなく、海の向こうを撮ってしまった。
やっぱり鞆の浦の海は、ちょっと幻想的です。
不思議な美しさ。

で、この寺のすぐ前には、何だか良くわからない猫ハウスがあって・・

鞆の浦の猫たち

そこらじゅうに猫だらけで不気味だった。
どっさり猫がいるので、猫好きな人にはたまらないんだろうな。
猫より犬より牛派の私には、ただ不気味だった・・。

保命酒屋の並ぶ古い町並み

鞆の浦の古い町並み

鞆港のバス停を通り過ぎて、港沿いを歩くと古い街並みが出て来る。
ココはちょっとした観光地みたいで、ちょっと小洒落たカフェなんかもポツポツある。

気になるのが、保命酒
味のある古い作りの保命酒屋さんが、何軒も並んでいる。

保命酒っていうのは、鞆の浦名物の薬味酒の事。
生薬なんかを漬け込んだお酒の事で、養命酒みたいな感じ??
保命酒は、店によって味が違うらしい。

▼保命酒に使った生薬を乾燥させている
生薬

ちょっと味見させてもらったけど、全然お酒や薬の味はしなくて飲みやすい。
思ったよりも軽い感じの酒だった。
でも瓶は重いので、保命酒の飴を買った。(花粉症に良いらしい)

鞆の浦が眺められる喫茶店「セレーノ」で休憩

セレーノ

これは道??ってくらい細〜い道を進んで行くと、「茶房 セレーノ」というオープンテラスの喫茶店が出て来る。

ここでちょっと休憩。

実はお昼ご飯を食べ損ねていたので、一緒に軽食でも食べたかったんだけど、「メニューは、紅茶かコーヒーかハーブティーしか無いけど!!」って言われちゃったので、コーヒーを注文。
店主は明るくて感じの良い人だったけど、なんだか適当な感じだったので、全然期待してなかったんだけど・・

美味しいコーヒー

コーヒーが美味しかった!!凄く。
私の好みの味で、これで350円は安すぎる。

しかも、「せっかくだから、眺めの良い所に座りなよ!」と、眺めの良い場所に席を作ってくれた。

セレーナからの眺め

コーヒーとお菓子を食べながら、一人で鞆の浦をのんびりと眺める・・
だいたい、時間にして1時間ちょいかな??

そろそろ帰ろうと思って、店主を捜しにいくと「もう、帰っちゃうの!?次お話しようと思ったのに」と言われる。
どうやら上の階に団体客が来ていて、そっちのお客さんと話し込んでいたみたい。

セレーナの店内

なんて居心地の良い喫茶店なんだろう。
鞆の浦に来たら、ここの喫茶店は絶対に寄った方が良い。
コーヒーは美味しいし、眺めも最高だし、店主も感じが良い。

宗介の家のモデル?

セレーノの細道を上に上がっていくと、そのすぐ近くに楢村幸男美術館ていう週末だけオープンしている美術館があります。
ここが、ポニョの宗介の家のモデルになったんじゃないかって言われているらしいです。

宗介の家?

どうでしょう!?
確かに、これ宗介の家だ!!

残念ながら、平日は閉館しているので外からしか見られなかったけど、満足です。

ポニョの噴水

下調べをして来なかったせいか、あんまりポニョ関係の風景を見る事が出来なかったけど、鞆の浦散策は楽しく出来ました。

海外でも国内でもいいから、定期的に1人旅をしたいっすねぇ。
誰かと行く旅行もいいけど、やっぱり一人は気楽でイイ!!

sponsored link