スーパーをうろついていたら、パネーンというタイカレーを見つけた。

パネーン??

タイカレーといえば・・グリーン、レッド、イエローと、ちょっと流行ったマッサマンしか知らなかった。
パネーンって何??そんなタイカレーもあったの??

気になったしまったのでヤマモリのレトルトカレー「パネーン」買ってみました。
ヤマモリっていえば、タイカレー。

sponsored link

パネーンカレーとは


画像引用元:YouTube

パネーンカレーとは・・

パネーンカレーは、主にタイ南部で食べられているレッドカレー系のタイカレー。
濃厚なココナッツミルクスープに、ピーナッツの風味と、塩味、甘みも感じられるカレー。

材料には、唐辛子、ピーナッツ、エビペースと、レモングラス、ガランガル、コリアンダー、アニス、フェンネル、ココナッツミルク、こぶみかんの葉、ニンニクと塩などが使われる。
肉はチキン、牛肉の他に、ベジタリアンやビーガン向けに豆腐で代用した物もある。(エビペースとやナンプラーも、醤油や野菜で代用される)

パネーンカレーは、濃厚なレッドカレーって感じなのかな??

レトルト「パネーン」を食べてみた

ヤマモリのパネーンカレーに入っている材料は、だいたい基本の材料と同じみたいです。

タイ産の、こぶみかんの葉(バイマックルート)とスズメナス(マクワボァン)が入っているみたいです。

確かに濃厚な感じはしますが、私にはレッドかレートの違いは良くわからない。

このグリーンピースみたいのがスズメナス??
レッドカレーに比べると、まろやかな感じの味です。
ココナッツミルクが効いてるね。
タイ南部というだけあって、マレーシアのカレーにちょっと似ている気がする。

レトルトにしては、結構美味しい様な気もするけど、本物を食べた事ないから良くわからない。

ついでにレトルトの「マッサマン」も食べてみた


画像引用元:YouTube

マッサマンカレーとは・・


イスラム教から伝わったとされるマッサマンカレーは、一般的に鶏肉で作ります。
材料はピーナッツ、じゃがいも、鶏肉がメイン。
ココナッツミルクとともに、八角、唐辛子、レモングラス、ガランガル、ニンニク、タマネギ、クミン、コリアンダー、クローブ、タマリンドなどのさまざまなスパイスを使うのも特徴。
一緒にオレンジやパイナップルジュースを使う伝統的なレシピもある。

カップヌードルにもマッサマン味が出る程、流行りましたマッサマンカレー。
マッサマンとパネーンは、両方ともタイの南部で良く食べられているタイカレーなんですね。

ということで、パネーンを買ったついでにマッサマンもレトルトを買ってみました。
トップバリューの。

これも本物を食べた事ないんだけど、カップヌードルのマッサマン味は食べた事がある。
でも、カップヌードルで食べたときの印象とだいぶ違う。

八角の香りが凄い効いてて、タイカレーっていうイメージともだいぶ違う。
スープもパネーンに比べると、かなりシャバシャバしてます。

タイ南部のカレー「パネーン」と「マッサマン」のレトルトを食べてみましたが、似ている様で似ていなかった。
でも、両方ともタイ南部って感じがする。

やっぱ、もう一回タイに行って、カレー食べて来たいなぁ。
でも、なんつーか・・カレーは、白米で食べた方がいいっすな。
(健康オタクなので、基本玄米を食しています。)

sponsored link