スーパーでミロを見つけて、懐かしくて買っちゃいました。
フィリピンでは良く飲んでいたし、マレーシアではカフェで飲める所もあったんです。
甘いココアみたいなあの味・・懐かしいなぁ〜と思って買ってみました。

sponsored link

日本のミロは牛乳と混ぜる物

日本のミロ

マグカップにミロの粉末を入れて、お湯を沸かして注いで飲んでみたら・・

薄い!!甘くも無いし・・

ミロの量が足りなかったかな??と思ってパッケージの裏面を見てみると・・

ミロの飲み方

牛乳を入れて飲むのか!!
そういえば、小さい頃にミロを飲んだときは牛乳と混ぜてました。
でも、フィリピンで飲んだときは、粉末にお湯を注いだだけで美味しく飲めたんだけどなぁ。

と、思って調べてみると、やっぱり他の国ではお湯で溶いて飲む用に作られてるみたいです。
つまり日本のミロとは成分が違うんですね。

wikipediaによると、

日本や発祥国のオーストラリアでは、粉末の製品を牛乳か湯で溶いて飲むよう説明されている。
ガーナ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、インドネシアでは、説明書に湯か冷水で溶いて飲むよう説明されており、ミルクと砂糖は「お好みに応じて」と書かれている。

どうやら、日本のミロを飲むなら牛乳を買わないと飲めないみたいです。
てゆうか、お湯だとまずいです。
牛乳買いに行かないと。

東南アジアのミロは、砂糖もたっぷり入っていた気がするし、もっとココアっぽい味だった気がする。
日本のミロは麦芽の味が、けっこうしっかりとするけど、甘みがほとんどないです。

実は、フィリピンのスーパーででミロを見つけた時も「子供の頃に飲んでたミロだ〜懐かしい〜!!!」と思って、買ってみました。
そして、その時は「うわっ!甘い!!甘すぎるよ〜」と思った記憶があります。

それが、また何年か経って、今度は日本のスーパーで「フィリピンで飲んでたミロだ〜懐かしい〜!!!」と思って、買ってみました(笑)
しかも、今度は「甘く無い!!」とか思っちゃってるので、私の舌っていい加減ですね。

ミロじゃなくてマイロ

ミロ

そういえばミロって発音は、日本でしか通じないです。
フィリピンでは「マイロ」と言っていたし、そもそも英語圏では「マイロ」だそうです。
お隣の国・韓国でも、ミロは「マイロ」と発音します。

なんで、日本だけミロになったんだろう??

ミロは粉のまま食べるのが1番美味しいという情報があったので、食べてみたら・・美味しかったです。クセになりそう♪

sponsored link