バンコクのトゥクトゥク

そうだ、チェンマイ行こう。

sponsored link

思い立ったのでチェンマイに行く事にした

数日はバンコクに滞在予定だったが、一気にチェンマイまで行ってしまいたくなった。
早々に日本人だらけの宿をチェックアウトして、クルンテープ駅へ向かった。
その際、ちょっとでもバンコク気分を味わおうと思って船を使ってみた。
これが、思ったよりも混雑していたし揺れた。

タイのお坊さんに注意!!

タイのお坊さん

乗った舟では近くにお坊さんがいて、もちろん注意はしていたけれど(※女性はお坊さんに触れてはいけない)人が多すぎて動けない。
そんな中うしろからオバちゃんが強引に近づいて来て「あなた!僧侶には触れてはいけないのよ。もっと距離をとりなさい!!」みたいなことを英語で怒鳴られた。
そんなこと言っても、人が多すぎて動けない上に、怒鳴りながらもオバちゃんが押すから余計にお坊さんに近づいちゃったじゃん…
と思っていると、怒鳴り声を聞いた周りの人たちが詰めてくれてどうにか距離を置けた。

そんなこんなで、どうにか駅に着いてチェンマイ行きの当日チケットがあるかを確認したところ、19:35発の寝台なら空いていたので購入した。
当日に空いているとは思わなかったのでラッキー☆
列車が無理ならバスにするつもりだったのだが、運良く鉄道チケットが買えたので、出発の時間までバックパックを駅に預けて少し観光に行くことにした。
ちなみに、預かり所は駅の端の方にあり、私のバックパックは30B(約93円)で預かってもらえた。

タイのシルク王ジム・トンプソン

ジムトンプソンの家

マレーシアのキャメロンハイランドに滞在している時に読んだ「松本清張の熱い絹」でタイシルク王、ジムトンプソンについて興味を持った。
キャメロンハイランドで失踪してしまったシルク王はバンコクに住んでいて、今現在はその家を見学できるようになっているらしいので、これは見ておかねば!

バンコクって言ったら、ワットポーとかもっとタイっぽい場所に行くべきなのかもしれないが、実はバンコクへは10年前にパックツアーで来たことがあり、有名な観光地は一通り見ていたので今回は行かないことにした。
(とは言っても、どこへ行ったのかなんてすっかり忘れているんだけど。)
私は地球の歩き方を参考にジムトンプソンの家の見学へ行った。

ジムトンムソンの家はなかなか見事だったが、特に感想はないので割愛。

そのあと、歩いてプラピッカネートとプラトリームールティに行った。

プラピッカネートとプラトリームールティ

これは恋愛の神様と金運の神様を祀ってあるもので、伊勢丹の真ん前にあって、正直あまりありがたみを感じなかったのだが、「金、男、神様お願い!!」と強く念じてきた。

その後フードコートでご飯を食べたり、カフェでネットをしたりしながら列車の出発までの時間を潰した。

タイ旅行の2日目の支出

朝ごはん(タイヌードル)40B
船15B
衝動買いしたモン族のポシェット320B
寝台列車(バンコク~チェンマイ)881B
トゥクトゥク50B
ざくろジュース40B
ゲータレード15B
電車代(地下鉄とBTSそれぞれ往復)44+36=80B
フードコート80B
ジムトンプソンの家100B
水10B
カフェでフラペチーノ85B
コンビニ(お茶とガムとパンとスナック菓子)65B

Total 1,781B(約5521円)

yajirusiタイ旅行記3日目へ進む