メーサリアンの夕方

8:00にバスターミナルに到着した私は、8:30のチケットを買おうと思っていたが、どうやら時間を勘違いしていたようで、たった今8:00のバスは出たところだと言われた。
仕方なく次の10:30のバスチケットを買って周辺をブラブラすることにした。

sponsored link

熱いバス

途中で朝市みたいなところを見つけてタナカを売っている店を発見した!
もう一個だけ買っておこうと、タナカコレクションを追加した。

メーホンソンのバス停にいた犬

その後無事に10:30発のバスに乗り出発。
エアコン付きのACバスにしたのに、エアコンがまったく効いていなくて汗だくになった。
おまけに途中からかなり乗客が増えたので余計に暑かった。
窓は開けたくても開けられないし、蒸し風呂状態だった。

メーサリアンは素敵な田舎町

きっちり4時間でメーサリアンには到着した。
明日のチェンマイ行きのバスチケットを買っておこうと思い、そのままチケット売り場へ行くと、ミニバスは満席だから、明日直接バスで買えと言われる。
今日のバスの混み具合を見ると、ちゃんと乗れるのか心配になった。

宿情報も何もないので、バス停の脇にたまっているバイタクのおっさん達に交渉しに行くと、すぐ近くにたくさんあるから歩きな!と、言われる。
普段なら近い距離も乗れ乗れってうるさいのに、バイタクのおっさん達が歩けと言うくらいだから、よっぽど近いのだろう。

そして、案の定もの凄く近かった。

maesariangroom maesarianghotel

このところ暑くてうんざりしてたので宿はエアコン付きの500Bにした。
モエ川が見える素晴らしい眺めで、部屋もキレイ!!
気温も夕方から過ごしやすくなるし、静かだし、かといって店がまったく無いわけでもなくて丁度いい静かさの街だ。

遅めの昼ごはんを食べた後に、コーヒーでも飲もうと思ってカフェに入った。
看板にはコーヒーと書いてあったが、渡されたメニューにはわずかなソフトドリンクと酒のメニューしかなかった。
ちょうど、タイのウィスキーを飲んで見たかったので試しに飲んでみることにした。

タイのウィスキー1杯目
タイのウィスキー1杯目

久々の酒であっという間に楽しくなってしまった。
川の流れを眺めながら酒は最高だった。
日本にいる時は1人でお酒を飲むことなんてなかったんだけど、悪く無いな。
こうやって、どんどん「お一人様」に慣れていくのだろうか。

タイのウィスキー2杯目
タイのウィスキー2杯目

日も暮れてだいぶ暗くなってきたので、ウィスキー2杯目を飲み終わったら店を出た。
席を立つと思った以上に酔っていて、ちどり足でマーケットへ向かった。
夕食を買おうと思ったのだ。

タイの屋台でご飯にご飯

しかし、酔っ払っていたため、ご飯ものに白米という組み合わせを購入してしまった。

おっと、こりゃ間違えた、と思い、白米を食べるためのオカズを買いに行かねば!と再びマーケットへ向かった。
無事にカレーを買ったわたしは何故かドアノブにカレー袋をぶら下げて、そのまま寝ていた。
酔っ払っている時の思考回路はよく分からない。
(次の日の朝にカレーを食べてみたら酸っぱくなっていた)

13日目の支出

朝食(自分で指差して選ぶ食堂)30B
タナカ 30B
宿代 500B
昼食(辛い麺とスイカジュース)100B
ウィスキー二杯と炭酸水 115B
コヒースムージー25B
屋台のご飯類 まとめて50くらいだと思う

Total 850B(約2635円)

yajirusiタイ旅行記14日目へ進む