キャメロンハイランド紅茶園
松本清張の「熱い絹」を、小説の舞台でもあるキャメロンハイランドで読みました。

熱い絹は、マレーシアの避暑地キャメロンハイランで起こった実在の失踪事件(ジムトンプソン失踪事件)をヒントに作られたフィクション小説です。
上下巻あってちょっと厚い本だけど、スラスラと読める本でした。

sponsored link

タイのシルク王ジム・トンプソン失踪事件

ジム・トンプソンというのは、てっきりタイシルクの高級ブランドの事だと思ってました。(まあ、そうなんだけど)
タイシルクのブランド名でもあるんだけど、社長の名前だったんですね。
創業者のトム・ジンプソンは、アメリカ人の実業家で元軍人なんだけど、休暇中にキャメロンハイランド(マレーシア)で失踪してしまったんです。

熱い絹はこの失踪事件を元にしたフィクションなので、タイやマレーシア、それにカンボジアの美術品の事なんかが絡んで来るという、アジア好きな私にはたまらないお話です。
しかしAmazonのレビューを見ると、結末がイマイチ!!という意見が多くて、まあ確かにそう言われると結末だけはイマイチなのですが、それまでの過程が凄く楽しめるので私は好きです。
この小説を読んでいると、キャメロンハイランドの高原の情景がパァーーーッと浮かんで来る様な、旅気分に浸れる小説です。

ところで、実際のジムトンプソンはどこへ失踪してしまったのでしょうか?
個人的にはアメリカの諜報機関にいたことが大きく関係しているのでは・・・と思ってます。(陰謀論とか大好きなんで)

wikipediaには、

失踪当時もアメリカなどの諜報関係者と接触を持っていたこと、政変が繰り返されていたタイの政府上層部や反政府指導者に知人が多かったことなどから、身代金目的の営利誘拐から諜報活動がらみの誘拐と暗殺、単なるジャングルでの遭難から地元住民による殺害まで、さまざまな失踪理由が取りざたされたものの、現在に至るまでその行方も生死も謎のままである。松本清張はこの事件をヒントに推理小説『熱い絹』を書いた。

と、書かれています。

おそらくこの事件は未解決事件のまま、謎が解ける事は無い気がします。

熱い絹に登場したキャメロンハイランド

キャメロンハイランドのスモークハウス

物語の中では、日本の警察がキャメロンハイランドまで訪ねて現地を調査していくのですが、その中でキャメロンハイランドに実在する場所がいくつか登場します。
小説に出て来た場所を訪ねて行く旅なんかも、なかなか面白そうです。

キャメロンハイランドはマレーシアの高原にある避暑地で、雰囲気的には日本の軽井沢みたいなところです。
タナラタとブリンチャンという地区に分かれていて、タナラタには安宿が多くブリンチャンには高級宿が多い感じです。
お察しの通り、私は安宿の集まるタナラタにいました。(1ヶ月くらい滞在していた)
しかし、熱い絹の舞台は主にブリンチャンなのです。

熱い絹の雰囲気を味わいたくて、一度だけブリンチャンのスモークハウスというホテルにアフタヌーンティーに行った事はあります。(小説の中で、スモークハウスで朝食を食べるシーンが何度も出てくる)
スモークハウスでアフタヌーンティー(関連記事)

それと、サンポー寺院にも行きました。(ここも小説に出てくる)
サンポー寺院

キャメロンハイランドに行く予定があるなら、事前に熱い絹を読んでみる事をおすすめします。
そして、小説に出てくる場所を実際に巡ってみるっていう旅は、なかなか楽しめると思いますよ!

キャメロンハイランドが舞台の小説3冊(関連記事)

sponsored link