宿のお父さんにセレモニーがあるから出れば?と言われた。
セレモニーというと…葬式?
しかし、話を聞いてみると結婚式のことの様だった。
こんな機会はなかなか無いので「はい、喜んで〜」と出席することにした。

sponsored link

バリ島の結婚式


おじさんが簡単な布を着せてくれた。
手に持ってるのは貰った引き出物。

用意ができたら「いってらっしゃーい」と。

え?
私だけ??
お父さんたちは???

何だかよくわからないけど、たった1人でバリの現地の結婚式に行って見た。
場所は宿の斜め向かい側の家。

何をしてるんだか、さっぱり不明。
そして、何をしたらいいんだかも不明。
だいたい、新郎新婦がどこにいるのかもわからなかった…


ウロウロしてると、祭壇ぽいところでシャーマンぽいオッさんが儀式をしている様子。

これが結婚式なのか????

ひととおり見物して、引き出物みたいのを頂いて帰ってしまった。

ちなみに引き出物の中身はお菓子とジュース。
炎天下の中に置かれていたからか、餅は糸を引いていて明らかに腐っていた。
しかも、私はこのバリのジュース(紅茶)は苦手なので飲めなかった。(なんか香料がキツくてトイレの芳香剤ぽい。)

と、タダで頂いたものにケチつけてしまいましたが、非常に、良い経験をさせてもらいました。
なんていうか、日本の結婚式も、このくらいゆるければいいのになって思います。
誰でも自由に参加出来て、帰りたい時に帰れるって、最高じゃないですか。

日本の結婚式は、堅苦しすぎるよね。
招待状を貰うと、仲の良い人なら嬉しい気持ちもあるけど、微妙な人からの場合は、赤紙が来てしまった感があるじゃないですか。(ご祝儀や、衣装や、ヘアメイクや、休日が丸々潰れる…など)
ないですか?

バリ島の結婚式は、そういった面倒臭さが一切ないので、凄く良い。
そういえば、韓国の結婚式も、割と自由参加でご祝儀無しの、気軽に参加出来る感じだったな。
あんなにキッチリやるのは、日本くらいなのかな?

結局最後まで新郎新婦は誰だかわからなかったけど、どうかお幸せに(o^^o)

sponsored link