業務スーパーのボルシチの素

業務スーパーにはエスニックな食材が売られているので、たまに覗きに行ってるのですが、今日はボルシチの素が半額になってたんで買ってみました。
定価178円でもかなり安いけど、半額の89円で買ってきました。

sponsored link

ボルシチとポトフを混同していた

ここんとこ寒い日が続くので、寒い国のロシア料理はちょうどいいじゃない〜♪
キャベツとじゃがいもとウインナーを入れて、こたつで食べよう〜♪

と、思って具材の野菜類(じゃがいも・にんじん・キャベツ・玉ねぎ)とウインナーを買って来たんだけど、帰ってボルシチについて調べてみたら、間違っていたことに気がつきました。
わたくし、完全にポトフとボルシチを間違えていました。

ボルシチの素を見つけて、頭に思い浮かべていたのはフランス料理のポトフだったみたいです。

▼これはポトフ

▼これがボルシチ

ボルシチと言うのは、テーブルビーツという赤い野菜を使った赤い色のスープの事です。

▼テーブルビーツ

買う前に、色で気づけよって感じですな...

ボルシチはどこの国の料理?

ボルシチってロシアでももちろん食べられていますが、正確にはウクライナ発祥の料理なんですね。
wikipediaによると、
ポーランドとロシアでは自国の料理であると主張する意見も多い。
ともあるように、東欧の広い範囲で食べられている料理みたいです。

ボルシチはウクライナやロシアでも、地域によって味や具材が違う様です。
具材に厳密な決まりは無いということですよね?
ということは、ポトフと勘違いして買って来ちゃった具材を使ってもいけるかもしれない。

ちなみに、買って来たボルシチの素は、ロシアでもウクライナでもなくリトアニア製でした。
リトアニアでもボルシチは良く食べられている様です。

ボルシチと一緒に食べるパン


たまたま家にあった古い切り抜きに、ボルシチの写真が載ってました。
これによると、ウクライナではパンプーシカ(パンプーシュカ)という、丸くて小さい揚げパンと一緒に食べるそうです。

なお、この切り抜きによると、一般的にロシア北部やシベリアのボルシチは素朴で、西と東へ行くほど繊細かつ技巧的になる傾向があると書かれています。
へぇ〜

ボルシチの素でボルシチ作ってみた

さて、ボルシチの素でボルシチを作ってみよう!と思ったら、さらに勘違いをしていた事が発覚しました。
瓶の裏面の「お召し上がり方」をよくよく読んでみると、

どうやら、このボルシチの素には、具材を入れる必要がないみたいです。
同量の湯を足して3〜4分温めるだけ・・・っていう、お手軽な商品だったみたいです。

もーーーー、買う時によく読もうよ自分・・・

でも入れちゃいます。
じゃがいも・キャベツ・玉ねぎ・にんじん・ウインナーを入れちゃいます。
原材料を見ると、すでに含まれているものばっかりだけど、入れちゃいます。

ボルシチの素を、いざ開封。

おお、思ったよりも赤くなくて茶色っぽいくて汚い感じです。
しかし見た目とは違い、香りは中々良い感じです。

これに買って来た野菜を切って入れて、水を入れて煮込みました。
弱火で15〜20分くらいかな?

仕上がりがコチラです。

ボルシチの素

ボルシチ風ポトフです。いや、ポトフ風ボルシチ?
味付けとか一切してないけど美味しいです。

この写真の倍の量が出来上がったけど、ボルシチの素の瓶にはまだ半分残っています。
これは、かなりお得ですね。

sponsored link