cambodiaimage

早朝、重い体をどうにか起こして、トゥクトゥクに乗って空港に向かった。
帰りのトゥクトゥクは、行きの2倍の値段だった。

実は行きのトゥクトゥクは、私が強引に値切ったのだ。
しかし、帰りのトゥクトゥクは、昨日のうちに友達が探して来たものだった。

「帰りのトゥクトゥクちょっと値段高くなっちゃったけど、もう、お金使わないしいいよね?だいたい、行きのトゥクトゥクは値切りすぎだったしね(笑)」
と言われたが、一日中ベッドで転がっていた情けない私は「何も言えねぇ」状態だった。
何もかもスミマセン。

sponsored link

何もしてないけど、さようなら

cambodiaasahi

私たちは早朝の美しいサンライズを見ながらトゥクトゥクに揺られて空港へと向かった。
運転手が言い値以上の値段を請求してきて、少しもめていた様だったが、とにかく私は何も言えねぇ。
(後で聞くとチップを要求されていたようだった)
みなさまの後ろにくっついて、大人しくマレーシアへと帰ったのだった。

とにかく、カンボジアのハッピーピザは恐ろしい。
ハッピーとか言いながら、ぜんぜんアンハッピーなのが恐ろしい。
あ、それは、私だけか。

アレ以来、私はハッピーになることなんかを求めなくなったし、ついでにお酒も控えめになった。

ということで、これが私の記憶の中から消したい、カンボジア旅行記でした。
でも、死ぬまでに1度は、アンコールワットを見に行きたい。行く。

おわり

sponsored link