現在、私の知る限りではキャメロンハイランドを舞台にした小説は3冊出ています。(日本国内)

sponsored link

キャメロンハイランドを舞台にした小説

なぜキャメロンハイランドを舞台にした小説が多いかというと、ジム・トンプソン失踪事件があった場所だからなんですよね。

ジェームズ・ハリソン・ウィルソン・トンプソン(James Harrison Wilson Thompson, 1906年3月21日 - 1967年?)は、タイのシルクを世界に広めたことで知られるアメリカ人実業家。軍人。
CIAの前身機関であるOSSに所属していた諜報員だった。

3作品中2作品は、このジム・トンプソン失踪事件を元にしています。
この中で1番有名なのは、1985年に刊行された松本清張の「熱い絹」です。
その後ほぼ同時期(2002年)に発表された2作品が、篠田真由美の「綺羅の柩」と、有栖川有栖の「マレー鉄道の謎」です。

「綺羅の柩」は、「熱い絹」と同様にジム・トンプソン失踪事件をテーマにしています。
「マレー鉄道の謎」は、ジム・トンプソン失踪事件ではなく別の謎解き事件です。(話の中にジム・トンプソン失踪事件は出てくるけど)

個人的オススメ順としては、「熱い絹」「マレー鉄道の謎」「綺羅の柩」です。
私は、現地の雰囲気が伝わって来る様な作品が好きなので、そういった点を基準にしています。

「熱い絹」の感想


熱い絹 松本清張(初版発行: 1988年)
マレーシアの高原カメロン・ハイランドの密林に消えた大富豪。その謎を日本・マレーシアの両警察が追ううちに次々と起こる連続殺人。緊張をはらみつつ、事件は意外な結末へと一気に向かう。1967年に起きたタイ・シルク王「失踪」事件を背景に、雄大な構想でまとめあげられた本格長編推理完結(Amazonより)

熱い絹は、上下巻合わせて結構なページ数なのにスラスラと読めました。
最後のオチに不満がある人も多いみたいだけど、私としてはかなり楽しめました。

この小説の中に出てくる、シルク王=ジェームズ・ウイルバーが、ジム・トンプソンをモデルにした人物です。
キャメロンハイランドので失踪事件に加えて、軽井沢で姉が殺された事件を絡めています。
実際のジム・トンプソンのお姉さんも、ジムトンプソン失踪事件の5ヶ月後にペンシルベニア州の自宅で他殺体で発見されていて、失踪事件と何か関係があるかもしれないと言われています。(詳細は不明)
こういった伏線がちりばめられている点も、1番読み応えがあっりました。(しかし伏線は回収されておらず)

日本から来た警部達が、キャメロンハイランドを巡っていく様子がとてもリアルに描かれていたので、きっと松本清張は事前にキャメロンハイランドへ行ってみっちりと取材してたんでしょうね。

「マレー鉄道の謎」の感想


マレー鉄道の謎 有栖川有栖(初版発行: 2002年5月8日)
旧友・大龍の招きでマレーの楽園、キャメロン・ハイランドを訪れた火村と有栖川。二人を迎えたのは、舞い飛ぶ蝶ならぬ「殺人の連鎖」だった。ドアや窓に内側から目張りをされた密室での犯行の嫌疑は大龍に。帰国までの数日で、火村は友人を救えるか。第56回日本推理作家協会賞に輝く、国名シリーズ第6弾。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」というドラマにもなった人気シリーズ本です。
私はドラマを見ていたので、「マレー鉄道の謎」を読んでいると、自然と斎藤工&窪田正孝が思い浮かんでしまいました。
2人とも好きな俳優だけど、小説は完全に自分だけのイメージを楽しみたい派なので、テレビのイメージが出て来ちゃうのはちょっと残念です。

「マレー鉄道の謎」もスラスラ読める読みやすい本だし、キャメロンハイランドの雰囲気も良く伝わってきます。
しかし他の2冊とは違って、ジム・トンプソン失踪事件の話じゃなかったのでちょっと軽かったかな?という印象ですね。
犯人がちょっと単純すぎというか、最初から怪しい人がそのまま犯人っていうのが...う〜ん。
もういっそのこと、犯人は大龍(主人公たちの友人)とかだったら、面白かった気がするんだけどなあ。

あと、海外に出て来て調子に乗ってしまったバックパッカーの青年(津久井)が、リアルです。
旅をしているとたまに出会う「こういう子いるよな〜」みたいな子です。
それ言ったら、津久井を小馬鹿にする会社員バックパッカー(池沢)も、一癖ある小説家のイギリス人(アラン)も、旅先で良く遭遇するタイプですね。
作者は、こういった「旅をしてると必ず出合うタイプ」の人物の特徴を、とても上手に描いてると思います。

「綺羅の柩」の感想


綺羅の柩 建築探偵桜井京介の事件薄 篠田 真由美(初版発行: 2002年8月5日)
1967年イースターの休日、マレーシア山中の保養地から消えたシルク王、ジェフリー・トーマス。彼の行方は今なお杳として知れない。それから三十余年後、軽井沢の別荘でひとりの老人が死んだ。奇妙な偶然と縁に導かれて南の国へと旅立った京介、蒼、深春の三人がついに見いだしたトーマス失踪の真相とは…

この小説の中でのジム・トンプソンは、シルク王=ジェフリー・トーマスです。
こちらも建築探偵桜井京介の事件薄というシリーズ物みたいなんだけど、私はこの作品が初めてです。

決してつまらないわけではないんだけど、読みにくかったです。
むしろオチ的には、さすが小説!という感じで面白いんだけど、物語の前半はなかなかキャメロンハイランドへ行ってくれないのと、余計な飾り文章が多くて何度も挫折しそうになってしまいました。
この話は、余計な文章がなければ、半分のページ数くらいでいける気がします。

Amazonのレビューでも、苦手な人がけっこういるみたいで、ちょっとBLぽい?っていう感じでしょうか。
私はBLが嫌なわけではなく(むしろ好きです)、何か違和感があって...ライトノベルっぽいって言うのかな?ちょっと読みにくかったんです。
好みの問題かもしれません。
キャメロンハイランドの雰囲気もあまり伝わって来なかった感じがします。(キャメロンハイランドの描写は割とされてたと思うんだけど)

読みにくい原因のひとつに、名前がゴチャゴチャになってしまい、何度も最初の人物紹介のページに戻ったという点があります。(あって良かった人物紹介)
日本人の名前なのに、なんで覚えられないんだろう?と思ったら、面倒くさいネーミングが多いからですね。

弓狩惣一郎
遊馬朱鷺
栗原深春
輪王寺綾乃
刀根尚都
野尻環
神代宗

みなさん、こだわりのある素敵なお名前ばかりですが、私アホなんで毎回フリガナ付けてくれないと読めません。
下手すると男か女かも分からなくなってしまいます。

それぞれのキャラクターがアニメみたいな感じで、現実離れしすぎているのも馴染めなかったです。
例えば遊馬朱鷺は、西村京太郎シリーズに出てくる、今どき「そうですわ」みたいな言葉使いの女よりも不自然に感じました。

でも、ミツさんとトーマスの話は好きです。
惣一郎の嫌われ者な感じも面白かった。
面白い部分は、スラスラ〜と読めます。
たまに詰まってしまう部分があるけど、そこさえ耐えればすぐに読めます。

酷評になってしまったが読む価値はあります。話は面白いです。

sponsored link