美味しいですよね〜キンパブ♥︎
あ、キンパブというのは韓国式のり巻きのことなんですが、最近では無印良品にも売られていたりします。
日本ののり巻きとは少し違って、酢飯ではなく普通のご飯を使い、ゴマ油が塗られています。
具だくさんな物が多いので、韓国風の太巻きという感じですね。

sponsored link

キンパブ


屋台のキンパブ。とても小さくて可愛いコマキンパブ

キンパブは、海苔(キム)&ご飯(パブ)という意味です。

韓国の町には、このキンパブをメインにした軽食屋がどこにでもあります。
キンパブの他に、インスタントラーメンやチゲなんかも食べられる軽食屋は、安くて1人でも入りやすいので良く利用していました。

その他、屋台でも売られているし、コンビニのおにぎりコーナーの横にも売られています。
週末の山登りに持っていくのもキンパブだし、お金が無い時や時間が無い時に食べるのももキンパブなのです。
キンパブは、庶民に親しまれている韓国の代表的なの軽食なんです。


コンビニのキンパブは量の割に安くてお得

気軽に食べられるキンパブは、日本人の口には絶対に合います。
私も大好きなキンパブなんだけど、中には酷い物もあるので注意してください。

要注意!地下で売られているキンパブ

注意した方が良いキンパブ・・・・・・それは、地下鉄駅の通路で売られているキンパブです。
地下鉄を利用した事のある人なら、一度は見かけたことがあるはず!
アルミホイルに包まれたキンパブを、地下鉄の通路でアジュンマ(おばちゃん)が売っているやつです。

実は韓国人の友達から「地下鉄で売っているキンパブには、古いのも混ざっているから買っちゃだめ。特に夏は危険!」と、言われてたんです。
なのに、私はその安さ(1,000ウォンくらい)に惹かれて、たま〜に、こっそり買いに行っていたんです。
アジュンマも感じ良くしてくれるから、ついつい買っちゃうんですよね〜

しかし、

とある夏の日の事でした。
当時韓国の下宿に住んでいた私は、小腹が減ったのでいつものように地下鉄の1,000ウォンキンパブをアジュンマから買いました。
アルミホイルに包まれたキンパブを、歩きながら一口パクッと口の中に入れると、納豆レベルに糸を引きました。

あ、え?
最近はキンパブに納豆を入れる事が...あるわけないです。
うっかり1カケラ飲み込んでしまいました。
お腹が空いていたからか、食べる勢いを止められなかったのです。


うげえええええ。

あの生温くて酸っぱい味は、今思い出しても吐き気がします。

しかし、生焼けのサムギョプサルとインドのカレー以外で、食べ物に当った事のない私は、この時のネバネバネバ〜キンパブを食べても何ともなかっのは幸いでした。
でも、もうあんなの食べたくないので、それ以来は地下鉄で売られているアルミホイル巻きキンパブは買わない事にしています。
やっぱりローカル情報には、素直に従った方がいいみたいですよ。
あそこまで糸を引くキンパブを売るなんて、一体何日間熟成させていたんだろうか。

軽食屋のキンパブはおすすめ

その場で作ってくれる軽食屋のキンパブはおすすめです。
だいたいどこのお店でも、その場でキンパブを作ってくれるので、糸が引く心配は皆無です。
「ポジャン」と言えばテイクアウト用に包んでもくれるので、とても便利です。(ボジャン=テイクアウト)

軽食屋の中では「キムガネ」や「キンパブ天国」が有名ですが、私は「キンパブ天国」が好きでよく行っていました。
味が好きというよりも、ご機嫌な感じの店名が好きだったんです。


これはキンパブ学校という店。色んなキンパブ系軽食店がある

こういった軽食屋は、1人旅に凄くオススメなんだけど、メニューはほぼ100%ハングルなことがほとんどです。
だから、ハングルが分からない人にはハードルが高いかもしれないです。


これはキンパブ天国のメニュー

キンパブ天国では、食べたい物にチェックをして注文するので、ハングルがわからない場合は適当にチェックして注文してみるのも面白いかもしれませんね。
だいたい1番始めの方にキンパブ類が書いてあるはずだけし(値段も他の物より安いはず)、どれも安いので失敗してもそんなにダメージは無いと思います。
むしろゲーム感覚で楽しめて面白いかも。

sponsored link