私は韓国料理が大好物ですが、日本で食べる韓国料理はあんまり好きじゃないのです。

なんて言うか、日本で食べる韓国料理は、どれも辛みは控えめですよね。
日本人の口に合わせると、そうなってしまうのは仕方ないので、それは分かるんですよ。
でも、インスタント出汁をたっぷりと入れて、必要以上に味を濃く仕上げているのが多いのが、ちょっと苦手なんです。

しかし、焼き肉系はそんなに調理されていないので日本で食べても、そこそこ美味しいですよね。
特にサムギョプサルは、安くて野菜もたくさん食べられるから、日本でもよく食べに行きます。

冒頭から超不必要な情報(私の食の好み)を書いてしまいましたが、本題です。
新大久保にある「くるむ」というサムギョプサルのお店に行ってきました。
韓国野菜がたくさん出てくる店で、最後にはそれを野菜ジュースにして飲ませてくれるという女性受けの良さそうな店です。

sponsored link

くるむ サンパ店

【お店情報】
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目32−2
JR山手線新大久保駅より徒歩5分。
1階は「明洞コスメ」のビルの、2階にあります。

予想通り、店内は女子だらけでした。
そもそも、新大久保の韓国料理屋さんの客は、ほぼ女性ですね。

ランチ(15時半まで)が安くてお得なので、ランチに間に合う様に店に入ってきました。
ちなみにランチの予約はできませんでした。

好きな焼き肉と、好きな料理を1品ずつえらんで1人1580円(税別)は安い!!

食べたもの

私たちは、ノーマルなサムギョプサルとウギョプサルを選びました。
ウサムギョプサルは牛肉のこと。
牛のサムギョプサル(バラ肉)なんて食べるの初めてだ。

韓国野菜
肉を包む野菜達。

珍しい野菜達をみただけでテンション上がります。
そして、丁寧に本日の野菜の産地と効能(?)が書かれた紙も出てきます。

野菜の効能
野菜名と産地と効能

美容効果とか書かれていると嬉しくなるあたりが、私も女子ですね。(女子なのか?)
まぁ、数枚の葉っぱを1度食べたくらいじゃ、そんな効果は出ないんだろうけど、気持ちの問題です。
プラシーボで、充分美しくなれます。

ハート模様のビール
まずはビール

このビールにハートは、女子受けはいいのかもしれないけれども…ビールが全然美味しそうに見えないので、マイナスポイントですね。
余計な飾りはいらん!!

ウサムギョプサル
ウサムギョプサル

ウサムギョプサルは美味しいんだけど、豚のサムギョプサルの厚みのある肉に慣れていたので、ちょっとペラペラ肉にがっかり。
でも、まあ、葉っぱに包んで食べちゃえば美味しいからいいか。

定番サムギョプサル
定番のサムギョプサル

豚のサムギョプサルは、安定の美味しさです。
ちょっとカリッとするまで焼くのが好きなんだけど、ここのお店は店員さんがすべてやってくれるので、焼かれた物をそのまま食べました。
ああ、らくちん。

野菜にサムギョプサルとキムチや味噌を包んで、ムシャムシャと噛みます。
このアゴが疲れるくらいに噛む行為が、満足感を倍増させてくれます。


チャプチェ


海鮮スンドゥブチゲ

好きな料理を1品ずつ選べるということで、チャプチェと海鮮スンドゥブチゲを頼みました。

ネギサラダ
ネギサラダもおかわりOK

野菜はおかわり自由だし、キムチ等の突き出しもおかわりできるので、追加を頼む必要なく充分に満腹になれます。
もう食べられない・・って思った頃に、残った野菜で野菜ジュースを作ってくれました。

新鮮野菜で青汁

梨ジュースで割っているので飲みやすい新鮮な青汁です。

しかし、新大久保は凄い活気でした。
決してイケメンではない韓国人の男性店員たちが、自信満々に女性客を引き止めて、何やら商売をしていたのが印象的でした。
韓流ファンの女性客達は、みんな見事に釣られて、キャッキャっと、楽しそう。
自信満々に来られると、実物以上に格好良く見えるんですよね。自信て大事ですよね。
そして、釣られた女性客たちは、頬を赤らめながら、韓国男子店員にアイスの試食を食べさせてもらうという…なんつーサービスなんだ(*゚0゚)ちょっと羨ましい。(けど、恥ずかしいので横目でチラチラ見ながら我慢しました)

sponsored link