ガンジス川

沢木耕太郎の深夜特急は1986年に出版された本ですが、旅先で出会う日本人たちは年齢関係なくこの本のファンだと言う人が多かったです。(もちろん私も好き)

深夜特急は何年経っても、旅人たちに愛されているようです。

sponsored link

深夜特急シリーズ

私は小説もドラマも一通りみましたが、どれも良いですね〜

1986年05月:深夜特急1、2巻
1992年10月:深夜特急3巻(完結)
1996年12月08日:ドラマ(アジア編)
1997年07月03日:ドラマ(ユーラシア編)
1998年01月06日:ドラマ(ヨーロッパ編)
2008年11月:旅する力 - 深夜特急ノート

深夜特急(本編)

深夜特急は、もともと産経新聞に連載していた沢木耕太郎さんの旅行記です。
86年に1巻が刊行され、最終巻は92年に刊行されています。

この本は、中国・台湾・韓国でも出版されていて、知り合いの韓国人も知っていました。(フィリピンの英語学校で一緒になりインドで再会した子)
深夜特急を読むと、すぐにでも日本を飛び出して旅に出たくなる本なので、日々の生活に飽き飽きしている人が深夜特急を読んだら何か変わるかもしれません。

私はやっぱりインド・ネパール編が大好きです。
実はこの本、マレーシアのキャメロンハイランドに滞在中に、図書館にあった日本語本の中から見つけて初めて読みました。
深夜特急にはマレーシアの描写も出て来たのに、凄くインドに行きたくなりました。
この本が書かれたのはもう30年くらい前になるのに、お金のレートとリキシャが人力なこと以外、インドは今とほとんど変わらない感じがするのが不思議です。
読んでいるだけで、インドの街の喧噪が聞こえて来るくらいにリアルな描写はさすがです。

深夜特急(テレビドラマ)

私は小説よりも先にドラマ版の方を知っていました。
ちょうど高校生の頃に放送されて、友達の間でも話題になったドラマなんです。
私も含めて、まわりもみんな1人旅に興味津々なお年頃だったので、ドラマが放送される度にキャーキャー言ってました。
主演の大沢たかおもカッコいいし〜 (*´Д`*)

1作目の大沢たかおさんの姿は、初めて旅に出る頼りなさというか初々しさがあって可愛らしい感じですが、インド・ネパールのあたりではすっかり旅慣れた小汚い感じになっていて凄くリアルな演出(?)です。
あと、大沢さんの英語もリアルで好感が持てます。
旅人の話す英語っていう感じで、本当にこれは演技?素なのかな?って思うくらい完璧です。

特に好きなシーンが、2作目のネパール編で巨大ドミトリーに沈没している所です!
次に進むのが面倒になっている沢木が、ベッドの上から手だけを伸ばしてティッシュ(だっけ?)を取ろうとしたら、そのままベッドから落ちるシーン。
気だるさを現しているあのシーン、リアルだなぁ〜、好きだなぁ・・・

それと、井上陽水の歌う主題歌が本当にいい味を出してるんです。
井上陽水の歌はほとんど聴いたことが無いんだけど、最近はこの主題歌(積み荷のない船)だけは何度も聴いています。
聴く度に1人旅をしていた頃を思い出して、懐かしくて切ない気持ちになる曲です。

積み荷のない船(YouTubeの深夜特急の映像です)

砂漠なんて旅した事無いのに、砂漠を旅しているような気分になって、なぜか懐かしくなる曲です。

旅する力ー深夜特急ノート(続編?)

沢木耕太郎さんが、2008年に「旅する力」という深夜特急の続編みたいな本を出しました。
正確には続編ではないんだけど、深夜特急の後日談や裏話などが載っています。

私はこの本の存在自体知らなかったのですが、2015年に行ったインド(ダージリン)の宿の本棚に並べてある洋書に混ざっているのを、たまたま見つけ出して読みました。
深夜特急同様に読みやすくて面白い本なんだけど、深夜特急あってこその面白さではあります。

特に印象的な部分は、旅に出る適齢期が26歳という部分で、なるほどなぁ〜と思いました。
私は26歳をとっくに過ぎてから旅に出たけど、もっと早くにこの本を読んでいたら無理をしてでも26歳くらいに旅に出ていたかもしれないですね。

あ、私が26歳の頃はまだこの本が出ていないから、そうなるともうタイムマシンが開発されたら26歳以下の私のところへ行って、この本を放り投げて帰って来るしかないのか?
いやそうなると、歴史が変わる...いや、パラレルワールドになって結局今の私は何も変わらない...?

sponsored link