日本のミロ

近所のスーパーをうろついていたら、ふとミロが目に入りました。

ミロはフィリピンの英語学校でよく飲んでいたし、マレーシアではカフェでミロを飲める所もあったんです。
甘いココアみたいなあの味・・・懐かしいなぁ〜と思って、しばらくぶりにミロを買ってみました。

sponsored link

日本のミロは牛乳が必須だった(お湯だけだとまずい)

早速、マグカップにミロの粉末を入れて、お湯で溶いて飲んでみたら・・・


薄い!甘くない!!まずい!!!

ミロの飲み方

ミロの粉末量が足りなかったかな??と思ってパッケージの裏面の説明を見てみると、

牛乳を入れて飲むのか!!
そういえば、小さい頃にミロを飲んだときは牛乳と混ぜていた気がします。

でもフィリピンで飲んでた時は、粉末にお湯を注いだだけで美味しく飲めたんだけどなぁ。
と思って調べてみると、やっぱり日本以外の国ではお湯で溶いて飲む用に作られてるみたいです。
つまり、日本のミロと外国のミロはは成分が違うようなのです。

wikipediaによると、

日本や発祥国のオーストラリアでは、粉末の製品を牛乳か湯で溶いて飲むよう説明されている。
ガーナ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、インドネシアでは、説明書に湯か冷水で溶いて飲むよう説明されており、ミルクと砂糖は「お好みに応じて」と書かれている。

日本のミロは、水ではなく牛乳で溶いて飲む物だったのです。(てゆうか、お湯だとまずい。)
急いで牛乳を買いに行かないと=3

外国のミロ

あんまり牛乳を飲む習慣がないので、外国製のミロが欲しいな〜と思ったんだけど、ネットでもなかなか売ってないですね〜

アメリカ製(?)のは見つけたんだけど、アメリカにもミロってあるのかな??

調べてみた所、アメリカではミロは作られていないみたいです。
しかし、コロンビア製のミロはウォルマートなどで売られているそうなので、コロンビア製かもしれない。
(でも、もしオーストラリア製だとすると、せっかく買っても牛乳が必要...)

フィリピン製ミロとかも通販して欲しいなぁ〜

東南アジアのミロは、日本のミロよりも砂糖もたっぷり入っていて、もっとココアっぽい味だった気がします。
日本のミロは麦芽の味がけっこうしっかり感じられて、甘みがほとんどないです。

実は、フィリピンのスーパーででミロを見つけた時も「子供の頃に飲んでたミロだ〜懐かしい〜」と思って買って、飲んでみたら「うわっ、甘い...甘すぎる」と思った記憶があります。
それが何年か経って、今度は日本のスーパーで「フィリピンで飲んでたミロだ〜懐かしい〜」と思って買って、飲んでみたら「うわっ、甘く無い...」と、正反対の事を感じました。

何が言いたいのか、自分でもよく分かんなくなってきました。ぽけ〜

日本のミロはこれが1番美味しい

ミロ

日本のミロは粉のまま食べるのが1番美味しいという情報があったので、試しに粉のまま食べてみたら・・・すんごく美味しかったです。
これは、クセになりそうです。

日本のミロはお湯で溶くよりも、牛乳で欲よりも、そのまま食べるのが1番美味しい!!

発音はミロじゃなくてマイロ

そういえばミロという発音は、日本でしか通じないです。
フィリピンでは「マイロ」と言っていたし、そもそも英語圏では「マイロ」だそうです。
お隣の国(韓国)でも、ミロは「マイロ」と発音します。

なんで、日本だけミロになったんだろうか??

sponsored link