ちょっと珍しいバングラデシュの紅茶を手に入れました。
なんだか良くわからないけど、ポイント貰ったのでそれで買ってみました。

sponsored link

バングラデシュの紅茶

紅茶と言えば、ダージリンとかアッサムとかセイロンなどインドやスリランカが有名なので、バングラの紅茶って珍しいですよね。
調べてみると、バングラデシュでも紅茶は良く飲まれているそうです。
中でも、はシレットという地域で取れるしレットティーという紅茶が有名みたいです。
しかし、私の買った紅茶はミルザプールという地域で取れた紅茶です。

ミルザプールを調べてみると、この辺りでした。
ダージリンとか、キャメロンハイランドとか...紅茶って標高の高い場所で作るイメージなんだけど、この辺りは得に高地な感じがしないですね。
別に標高低くても出来るのかな。

パッケージに茶畑が載っていて、ミルザプールにはこんな紅茶畑があるのかな?
それにしても可愛いパッケージです。
外国のパッケージって、何でこう格好良く見えるんだろうか。


これとか、ティーバックの部分を無駄にエンボス加工してて可愛いんです。


お、ベジタリアンマークがついてる!(葉っぱなんで当然ベジだけど)

説明文によると、ミルザプールの紅茶はバングラデシュの中でも最高級と言われているらしいです。
んで、リッチブレンドだそうです。

ん?ブレンド?ブレンド茶葉なのか??

良い香り♪
正直、安物感が漂う紅茶なのでアッサムのCTCみたいな感じかな?と思ったんだけど、香りはなかなか上品でしっかりとした紅茶の香りです。
高そうな香りです。(安定の低語彙力)

インド式インスタントチャイの作り方

バングラでは、インドのチャイみたいにミルクティーで飲むのが一般的なようです。
しかしパッケージによると、ミルザプール紅茶はレモンティーでもOKぽいですね。

私はレモンよりもミルクが好きなんで、ミルクティで飲んでます。
インド式簡単チャイの作り方でチャイを作ってます。

インド旅行中、ちょっと良い列車に乗った時に、隣のエリートビジネスマン風インド人がこのようにしてチャイを作って飲んでいたのです。(大した方法じゃないんだけど)

1.カップにたっぷりのクリープと砂糖を入れる。(クリープたっぷりがポイント)
2.ティーバックを入れてお湯を注ぐ
3.そのまま2〜3分待つ

これだけです。
確かインドのカレー屋に入ったときも、この方法でチャイが出て来た事があります。
先にミルクと砂糖を入れてから、お湯を注ぐという入れ方です。
そういえば、相棒で右京さんがミルクを先に入れるのはイギリス式って言ってました。

この方法は簡単なので、私はいつもこうやってミルクティを作ってます。
なお、茶葉を煮出すなら牛乳がいいけど、こうやってインスタントで作るならクリープの方が美味しいですよ。(植物性のだといまいち)

このミルザプール紅茶は、香りを良くしたアッサムティーみたいな感じなので、ミルクティに向いてると思います。

とか、紅茶を分かってる風に言ってみたけど、全然わかっていません。
紅茶の味は薄いか濃いかとか、渋いか薄いかとかしか(渋いの逆が分からん)判断できませんので、あしからず。

でも、ミルザプール紅茶で作ったミルクティはとっても美味しいかったです。

sponsored link