インドで旅をしていた時に知り合った日本人が、こんなことを聞いてきました。
無の世界と聞いて、何色を想像しますか?

sponsored link

無色は何色なのか

無の世界は「無」なんだから、色は無い...つまり無色です。
しかし、「無」と聞いて頭の中に思い浮かべるのは無色ではないですよね?
だいたい真っ黒とか真っ白とかを想像しませんか?

この質問をして来た人は、
「無って聞いて、何色を思い浮かべるか・・・この質問すると、相手がどういう人かが分かる気がするんですよ。」
と、言っていました。
旅先で知り合う人には、この質問をし続けているんだそうです。

私はこの質問をされて、真っ黒と答えました。

まず、無の世界と聞いて、宇宙が誕生する前の何も無い世界を想像したんです。
なんとな〜く、宇宙が誕生する前なら、光もない世界だと思うので真っ暗な感じかな〜と思ったんです。

でもよく考えたら、真っ暗っていうのは、明るさを知っているから暗いと感じる事が出来るんですよね。
ということは、やっぱり・・・無の世界は黒ではないんでしょう。
でもやっぱり、白よりは黒の方が「無」って感じがしてしまいます。

なんか白って答えたかったな〜
黒って何だかネガティブなイメージじゃないですか。
白って答える人の方が、根が明るい人ぽくないですか?

どんな色を想像する人が多いか

この質問をされてから、私自身もインドで知り会った日本人に同じ質問をするようになりました。
みんなインドに来ているくらいだから、そういう哲学的(?)な話が好きな人ばっかりで、割と真剣に考えてくれました。

その結果、やはり1番多い答えは「白」と「黒」でした。

白と答える人は、”絵を描く時の紙は白だから”とか、”無の世界は真っ白な光の中のイメージ”とか、そんな感じの事を言っていました。
黒と答える人は、”そもそも無という言葉のイメージが暗い感じがするから”という意見があったりしました。

で、その次に多かった答えが「虹色」です。

私にとっては考えられないんだけど、無は虹色のイメージと思う人が何人かいたんです。
ちょっと変わった事を言いたい感じの人は虹色と答える事が多かった気がします。
インドに来ている人は、変わった人や変わった風に見られたい人が多かったので、普通に日本で同じ質問をしたらあまり出てこない回答かもしれないですね。

中には、”虹色には全ての色が入っている。ということは「有」という事で、それはつまり「無」でもあるから”という、ちょっと難しい事を言っている人もいましたが、これはよく考えると正解に近いんじゃないか?と思いますね。(正解なんてありませんが)

その次は、灰色(グレイ)と答えた人が多かったです。

白と黒の中間ということみたいです。
”白や黒だと色を断定している感じがするから、もうちょっとぼんやりとした感じの・・グレイかなぁ”というような、意見がありました。

私が聞いた答えは、この4色(白・黒・虹色・灰色)がほとんどでした。

唯一、それ以外の色を言った人の答えは、青でした。

理由は”なぜか青が思い浮かんだ”という、なんとなくの理由でしたが、まさか「無=青」を想像する人がいるとは思わなかったです。
もっとしつこく理由を聞き出せば良かった。

あえて無に色をイメージしてもらうという、この質問自体には何の意味はないんだけど、色々な人の感覚的な話を聞けて面白かったです。

こんな事を、大晦日の除夜の鐘を聞きながら思い出していました。
除夜の鐘の音って、シンギングボールの響きに似てるんですよね。
それで、インドを思い出して・・・という感じで、こんな記事を書きました。

sponsored link