ベトナムフォーカップ麺

行きつけの店に、フォーのカップ麺があったので買ってみた。
フォーの本場ベトナムのメーカー(VIFON)の物なので、きっと本場の味であろう。

味は全部で3種類。
「チキン味」と「ビーフ味」と「プノンペン」だ。
(プノンペン味って何?ベトナムじゃなくて、カンボジアの首都よね??)

なお、行きつけの店ってのは、ダイソーなので、1個108円ですた。

sponsored link

フォー米麺チキン味

まずは、チキン味から食べてみます。


中身は、乾燥のフォー、スープ、かやく、油。

調理方法は、レンジで5分、熱湯なら3分です。
レンジで調理出来るみたいですね。

まあ、普通に熱湯で作るけど。

ベトナムフォーカップ麺完成
熱湯入れて3分で、できあがり!

しかし、具が無いのは寂しい。
うさぎの糞謎肉みたいなコロコロの肉が少し入ってるけど、ほぼ具無しって感じです。
その代わり、フォー(麺)は結構な量があるように見えますね。
なのに、これでカロリーは246kcalなので、カップラーメンとかに比べるとだいぶヘルシーです。

味の方ですが、汁は飲みやすいし、麺も美味しいです。
普通に美味しいフォー。
ただし、最後の方は飽きます。

なんてったって、ほぼ麺だけだからね。
何か具を入れればよかったのかな。

これ、カロリー低い割に、全部食べたら相当お腹いっぱいになりました。
でも、普通のインスタント麺の濃い味に慣れている人には物足りない味かもしれない。

フォー米麺ビーフ味

続いてビーフ味いってみます。
調理法などの詳細はチキン味と同じなので、省略。

フォーカップ麺ビーフ
できあがり。

やっぱり、具が無いと寂しい。
謎肉系のコロコロ肉が、ちょろっとだけ入っていると言う、見た目はチキン味と全く同じですね。

味は、チキン味よりも私は好きだった。
でもやっぱり、最後まで食べるとかなり飽きる味です。
薄味な上に、味の無い米麺だからだろ思うんだけど、ベトナムで食べた時はもっとスープが濃厚だったもんな。

フォー米麺プノンペン味

最後は、プノンペン味!!
パッケージの写真は、海老やら肉やら卵やらが乗っていて、一番美味しそうに見えます。

フォーカップ麺プノンペン味
同じく熱湯3分入れて、できあがり。

プノンペン味は、チキン味やビーフ味に比べると麺が細めです。
具もほとんど無いのは一緒なんだけど、乾燥ニンニクが付いてました。

味は、3つの中で、一番美味しい!!
相変わらず具は足りないんだけど、乾燥ニンニクのおかげで香りが良いんですよね。

いずれにせよ、カップ麺のフォーは具の少なさが致命的なので、追加で「バジル、もやし、ライム、大きい鶏肉、玉ねぎ、海老、卵」なんかを入れると美味しくなるんじゃないかな。
(そこまで手間をかけたらインスタントの意味ないけど。)
まあ、そこまでしなくても、ニンニクパウダーとかがあれば、ちょっとかけるだけでグンと美味しくなると思う。

▼具を乗せて豪華にするなら、袋タイプの方が良いかも。

結果、本場ベトナムのインスタントフォーは、ベトナムなのにカンボジア(プノンペン味)が一番美味しかったというオチでした。

sponsored link