マーライオン

大阪に行く機会があったので、関西在住の友人(てゆうかボヤッキー)と一緒に難波のシンガポール料理屋へ行ってきました。
シンガポール料理を良くわかっていないボヤッキーを引き連れて、難波駅からすぐのところにある梁亜楼というシンガポール料理屋へ行ってきた。

sponsored link

シンガポール料理 梁亜楼

【お店情報】
シンガポール料理 梁亜楼
〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前13−6−2F 大一ビル
南海・地下鉄なんば駅徒歩2分。

水道橋のシンガポール料理のうまさに感動した私は、食べログで評価の良さそうな店を探しました。

梁亜楼は、食べログでの今現在(2014年12月上旬)の評価が3.52点。
なんと、何と偶然にも、水道橋のシンガポール料理屋もまったく同じ3.52点だったんです。
同じ評価…という事は、味も同じくらい美味しいはず!(私の脳みそはゾウリムシ並みに単細胞です)

梁亜楼で食べたもの

シンガポールラクサlaksa

私はやはり、シンガポールラクサを注文。

チキンライス定食

そして、チキンライスももちろん食べたかったので、美味しいから!!と頼みこんでボヤッキーに注文してもらう事にした。

空芯菜炒め

ロティroti

ついでに、マレーシアでおなじみのカンコンブラチャン(空芯菜炒め)とロティ(マレー風チャパティ)なんかも注文。
空芯菜炒めは、マレーシアで食べた物とは若干違ったので、これがシンガポール流の空芯菜炒めなのかな。
しかし、空芯菜って何でこんなに癖になるんだろうなぁ。やっぱ歯ごたえよね。

シンガポールラクサも、なかなか美味しかったです。
麺はそんなでもなかったけど、スープはやっぱり美味しい♪
もっと、シンガポール料理屋が増えれば、ラクサをたくさん食べられるのになぁ。

そして、肝心なチキンライスのお味ですが・・・

う、うん。普通に美味しい。

確かに美味しいは美味しい・・・けど、また食べたい!と思う程ではないかな。
いやいや、普通に美味しいんです。

でも、水道橋の海南鶏飯で食べたチキンライスがあまりにも美味しかったので、期待しすぎていたのかもしれないですね。
最初に食べた物の方が、感動も大きいし。

ただ、ボヤッキーもうまいとは言っていたけど、感動まではしていなかった様です。
好みの問題なのかな。
でも、私が感動したように、もっと美味しいチキンライスも食べてもらいたい!!
ということで、今度ボヤッキーが東京に来た時には海南鶏飯のチキンライスを食べてもらいたいものです。
そもそも、海南鶏飯は、店名がチキンライスっていう意味なので、チキンライスには相当な自信があるんだと思います。

あ、梁亜楼も、総合的には凄く良いお店でしたよっ。
メニューの種類も多いし。

sponsored link