風邪予防にサマハン
(安定のピンぼけ写真)

最近、スリランカのアーユルヴェーダ系ハーブティー「サマハン」を愛飲しています。
サマハンは、ショウガやコショウがかなり効いているお茶で、風邪予防にもなるお茶です。
スリランカの葛根湯的な感じかな?いや、薬ではないからスリランカの生姜湯的な感じなのかな??

sponsored link

サマハンは刺激が強すぎるハーブティー

サマハンは、ハーブティーというよりはスパイスティーという感じの刺激的な飲み物です。
スリランカのスパイスがたくさん配合されているので、ちょっとだけ味にクセはありますが、キビ砂糖が入っているので飲みやすいのです。

ショウガ効果なのか、サマハンを飲むと身体がカーッと熱くなってくる感じです。
日本の生姜湯みたいな優しい感じではなくて、もっと攻撃的な感じです。

体が温まって健康にも良さそう♪なので、友達にも片っ端から飲ませてみました。
(私はすぐに自分の気に入った物を、まわりにすすめてしまうので、変な宗教とかにハマったら相当ウザいタイプだと思います。)

友達のサマハン評価はまっ二つに分かれました。
「うっわ、なにこれ!飲めないよ」と言う全然受け付けない人と、逆に「これ、凄く好きかも!」と気に入って購入する人もいるほどでした。
かなり好き嫌いがハッキリ分かれるようです。

サマハンの原材料(スパイス)

風邪予防にサマハン茶

☆サマハンの原材料☆
サトウキビ、コリアンダー、ジンジャー、ブラックペッパー、クミンシード、アジョワン、甘草、ジャヴァ・ガランガル、コスキニウム、イエローベリードナイトシェイド、ロンングペッパー、パスパダム、シリテック、ヴァイシュヌクランティ、アダトダ・ウァシカ

聞いた事ない様な名前のスパイスばっかりですね。
しかし、すべて天然の原料を使用しているらしいので、まあ安心です。

ロングペッパーというのはヒバーチのことみたいです。
ヒバーチというのは、私が沖縄旅行に行った時にハマった香辛料でして、ちょっとシナモンにも似た様な香りのするマイルドな胡椒です。
チャイに入れたら美味しそうと思ったら、そうか、スリランカでも使われているスパイスだったんですね。

※ヒバーチは、沖縄旅行記パワスポ巡り6日目の後半にも出て来ます※
沖縄パワスポ巡り6日目

サマハンの飲み方

スリランカのハーブティー

サマハンはハーブティーと言っても、顆粒タイプなのでお湯で溶かして飲むタイプです。

風邪予防にサマハン
出来上がりは、こんな感じです。

本当に身体が温まるので、風邪予防や風邪のひき始めにも効きそうな感じです。
冬場は常備しておきたいハーブティーですね。

サマハン風の風邪予防茶を自作してみた

常備しておきたいとか言いながら、サマハンを飲み干してしまい、常備が無くなりました。
ということで、自力で風邪予防茶を作ってみました。(新しいサマハン買えよ)

サマハンの原材料を見ると、いくつか持っているスパイスがあったんです。

インドカレーを作る為に買っておいた、コリアンダーとクミンパウダーがサマハンにも入っているみたいなので、これ入れとけばそれなりの味になるでしょう。
あと緑茶には風邪予防効果があるらしいので、粉末の緑茶も入れてみます。
ついでに、スパイスの強烈さをごまかすために、黒糖をひとかけら入れてみました。

生姜とスパイスの風邪予防茶

材料:粉末緑茶、生姜パウダー、黒こしょう、コリアンダー、クミン、黒糖

風邪予防茶を作った

お湯を入れてみたら、凄い色になってしまった気もするけど、サマハンもこんな感じの色だったしOKでしょう。
さて、味はどんな感じかな・・・!?

風邪予防茶を作った

ああ、なかなか美味しいです。
もう少し黒こしょうを大胆に入れた方が、サマハンぽい刺激的な味になったかもです。
しかし黒糖がうまい感じにごまかしてくれてますね。
甘くしときゃ〜なんとかなるんですね。

ヒマかつ、味覚音痴な人は試してみてね☆

sponsored link