イオンのスーパーにタイ特集コーナーがあったので、タイのカップラーメン3種類を買ってきました。

日清のカップヌードルですが、日本で売ってる「プーパッポンカリー味」とか「マッサマン味」とかじゃなくて、タイで売られているタイカップヌードルの輸入版です。

sponsored link

日清がタイで売っているカップヌードル

買って来たのは、「ムーマナオ味」「トムヤムクン味」「ミンスドポーク味」の3種類です。
トムヤムクン以外は何のことなんだか良くわかんないです。

この3種類は、日清がタイで売っているカップヌードルの一部みたいです。
タイではもっと多くの種類が売られているようです。


画像引用元:タイの日清サイトより

タイの日清サイトには、凄く辛そうな味も出てます。(右端)コレを食べてみたい。

ムーマナオ味を食べてみた

まずは、ムーマナオ味からです。

パッケージにはタイ語が書かれています。
タイ語まったく読めないから意味はわからないけど、ま、カップラーメンなんてお湯入れればOKだよね。

ライム汁みたいのが添付されていました。
これは、食べる前に入れるのかな??
と思ったけど、先に入れるみたいです。
液状の物を先に入れるって所が日本と違うのかな??
つーか、日本の日清のカップヌードルには別袋の調味料は付いてないよね。

▼出来上がり

3分後・・日清ぽい出来上がりですね。

味はサッパリ系で、そんなにタイっぽくは感じませんでした。
普通に美味しいカップヌードルって感じです。

ムーマナオとは

マナオは、去年食べに行ったタイ料理屋の名前なので、意味を知っていました。
タイのライム(タイレモン?)って意味だよね。
で、調べてみたらムーは豚肉の意味みたいなので、

豚肉ライム・・・??ライム豚肉・・???

どうやらこういう料理みたいです▼

画像引用元:MITR PHOL

豚肉の冷しゃぶっぽい感じ?美味しそうです。

トムヤム味を食べてみた

続いて、トムヤム味。
タイと言えばトムヤムクン味ってくらい、トムヤム味は出回っているので、味が想像つきます。
トムヤム味にも辛そうなペーストが添付されていて、やっぱりお湯を注ぐ前にいれるみたい。

これも出来上がりが日清ですね。
食べてみた感想は・・あら・・??思ったよりもトムヤム感は弱いです。
ムーマナオ味と同じく、さっぱりとしてて食べやすいです。

ミンスドポーク味を食べてみた

最後はミンスドポーク味です。

ムーマナオ味とトムヤム味が、そんなにタイっぽく無かったので、ミンスドポークもそんな感じなのかな?
とりあえず豚肉を使っているという事はわかります。

うん!!
これも、日清ぽい仕上がりです。
ピリ辛サッパリ系の食べやすいカップラーメンでした。

ミンスドポークとは

ミンスドポーク味って、Minced Porkだよね。
刻んだ豚肉味??

ムーマナオはタイ語なのに、ミンスドポークは英語なんですね。


画像引用元:K@POOK!

ガパオライスみたいな豚ひき肉を使った料理のことかな〜?と、思うんだけど・・・ラープのことかなぁ?
何だろうなあ?
カップヌードルの味からは何の料理だかはよく分からなかったです。

※追記
タイ語でムーサップと書かれているみたいです。意味はそのまま豚のミンチでした...

3種類ともタイっぽい〜!!という感じは皆無だったけど、どの味も食べやすくて美味しいカップヌードルでした。
やっぱり日清は旨いですね。

sponsored link