カルディで、怪しいお茶見つけたので買ってみました。
ベトナムで飲まれているらしい、アーティチョーク茶というものです。

アーティチョークって、西洋野菜だと思ってたけどベトナムでも食べてるんですね。
芽キャベツみたいなやつだよね?

sponsored link

アーティチョークティーの中身

25袋入りで3〜400円だったかな?てことは、現地では100円くらいだろうか。
アーティチョーク茶は、ベトナム語で「Trà Atiso」と言うみたいです。
Tràがお茶で、Atisoがアーティチョークなのかな?

髪の毛ふんわり系の角刈りおじさんがサムズアップしてます。
「コレは良いお茶だぜ、GOODだぜ!」という意味でしょう。

中身は普通のティーバッグで、ちょっと香ばしくて嗅いだ事のある香りです。
韓国のドゥングルレ茶みたいな、香ばしくてほのかに甘い香りです。

熱湯で2~3分経ってからお召し上がりました。
香り通りの、香ばしくてほのかに甘いお茶です。

Googleで画像検索したらアイスにしている物もあったけど、味的にはホット向きだと思うなあ、これは。

アーティチョークの効能

アーティチョークの葉にはシナリンを含み、肝臓の解毒に効果がある。
ベトナムでは、葉を乾燥させて、お酒を飲んだ後などに良く飲まれている。
インドでも二日酔い防止のために、やはりお酒を飲んだ後に茶に混ぜて飲む。
←粉末を?かな??

二日酔いに良いお茶ということは、ウコン茶的な感じなのかな?
ならば、ウコン茶みたいにアーティチョーク茶で焼酎を割っても良さそうですね。
ウコン茶割りって、矛盾だらけの酒だけどつい飲んでしまいます。
酔いたいんだか、酔いたく無いんだか...健康になりたいんだか、不健康になりたいんだか...


またアーティチョークには、オナラの回数とオナラの臭いを抑える効果もあるらしいです。
ほほう。ほ、ほほう。

あと、このシナリンという成分は面白いです。
アーティチョークを食べた後に食べる物の味を、何でも甘く感じさせてしまう働きがあるそうです。

なんか、そういうアフリカの植物が流行たことありますよね?
ダイエット向けに売られてた気がするんだけど。

※調べました。
ミラクルフルーツでした。
ミラクルフルーツは、シナリンじゃなくてミラクリンっていう成分が働くそうです。

アーティチョーク茶は、ほのかに甘くてちょっと香ばしくい、そして肝臓を酷使している私にピッタリなお茶みたいです。
ありがたく飲み干します。

sponsored link