旅の指さし会話帳、指さしシリーズは、
語学本です。

sponsored link

私はこれで英語を勉強しました

いくら英語学校に行っても、全然しゃべれるようにならなかった私が、この本を片っ端から暗記していたら、旅に困らない程度の英会話が出来る様になりましたw

本格的に語学を勉強している人からしたら、日本語ルビがついていて、文法なんてほとんど載っていない「旅の指さし会話帳」は、旅行のガイドブックにもならない絵本だと思うかもしれません。
確かに、発音記号とか文法とか大事だと思いますが、私は実際にこれで話せる様になったんです。
インドで一緒になった英語を勉強中(かなり喋れる)の日本人も、「旅の指さし会話帳」を丸暗記すれば、どこの国でも簡単に旅行できるって言ってました。

この本の良い所は、実際に旅行で使う単語がイラスト付きで載っているという事なんですよ。
ちゃんとした語学の教科書で勉強しても、なかなか旅行で使える言葉がないんです。
その点「旅の指さし会話帳」なら旅行で必要なことしか載ってません!!
だから、覚えたら、すぐに使える。

指さしシリーズは、名前の通り「指さしで使う」という事みたいなのですが、私は指さしで使った事はありません。
とにかく、片っ端から暗記しては、そのまま喋って使っていました。

指さしシリーズには、英語が何冊かあります。
英語というくくりでは無く、アメリカ・イギリス・オーストラリア〜などなど、国ごとに出版されているので、何冊もあるんです。
そんな中で、私が英語本として使っていたのは、一度も行った事の無いアメリカでした。
インドで、指さしのアメリカを使って英会話していました。(せめてイギリスにした方がよかったかな。)

韓国語も使える

私はこれの「韓国」も購入し、巻末の単語集をひたすら覚えました。
元々韓国語は日常会話くらいは話せたんだけど、「旅の指さし会話帳」には、よく使う言葉なのに知らなかった言葉が、たくさん載っていたので、私の韓国語の穴を埋めてくれました。
おかげで、韓国語会話で使う語彙が相当増えました(^^)
発音記号だとか難しい事は考えずに、とにかくしゃべりたい人には「旅の指さし会話帳」丸暗記コースをおすすめします。

イラスト豊富で眺めているだけでも楽しいし、薄いので(でも内容は濃い)持ち運びにも便利。
言葉だけじゃなくて、教科書には載っていない様な、その国の大衆文化や食文化についても書いてあったりするので、非常に使える本です。

ただし、国によってクオリティに差がある

コレクター気質なので、「旅の指さし会話帳」をプチ収集していたこともあります。
全部の本を真剣に暗記していたわけでは無くて、単純にイラストを見て楽しんでいた感じなんだけど、「旅の指さし会話帳」って国によってクオリティがかなり違うんです。
国ごとに作者が違うので、内容構成も違うし、イラストも描いている人が違うので、当たり外れがあるんですよ。

私が持っていた本の中で、特にイラストが可愛かったのは「チベット」です。
チベット語はちっとも話せる様にならなかったけど(覚えられる気がしなかったので観賞用だった)、イラストがとっても可愛かったので良く眺めていました。
牛好きなので、ヤクのキャラクターが可愛くて可愛くて(表紙で立っている奴です)。

逆にいまいちだったのは・・・好みの問題かもしれないけど、スペインのトマトのキャラはあんまりだったなぁ。
(そもそもスペインには行った事も行く予定も無かったんだけど、コレクションとして買ってみた)

sponsored link